前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん 免疫療法についての関連情報

2012.01.05

スポンサードリンク

こんにちは、今日は前立腺がん 免疫療法についてです。

Q:前立腺がんの放射線治療のため入院していた父に認知障害が発生しました。体調が思わしくない中脳外科に連れていったほうがいいでしょうか?入院後2週間ぐらい経った頃から物忘れが激しくなりました。入院していた病院で緊急性はないが脳外科を受診するように紹介状を書いてもらいました。退院してからは夜間の頻尿や膀胱炎の発症など体調が思わしくありません。このような状態の中、近々に脳外科に連れていったほうがいいでしょうか?風邪など引かせるリスクを考えると体力の回復を待って年明けでもいいでしょうか?同じような症状をお持ちの方や医療関係者の方に回答していただけたらありがたいです。
A:認知症状でしたら 脳外科ではなく神経内科や精神科がいいと思います脳外科は あくまで脳疾患なので 緊急性のないものはほとんどみてくれません 脳外科や精神科神経内科が複合してある施設に受診するとよいかもしれませんね 原因はおそらく高齢であり環境が変わったせいだと思います私の職場ではこういうかたが かなり多いです(現在泌尿器科 以前脳外科に勤務していたのでよくわかります)認知障害の程度によってですが 異常行動(徘徊や暴力など)がないかぎりは 年明けの受診でもよいかと思います 体調をまず整えて 受診されてください お大事に

がんの能動的免疫療法の成功 – Nature Asia

がんの能動的免疫療法の成功
Nature Asia
しかし最近になって、前立腺がんに対する自家細胞免疫療法であるsipuleucel-T療法と転移性黒色腫の一部に対する抗がん剤イピリムマブが開発され、この2つの成功は、がん免疫療法に対する関心を復活させることになった。今週号の総説は、ワクチン、T細胞免疫修飾因子など

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る