前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん 再発について

2012.01.08

スポンサードリンク

前立腺がん 再発のことがなんとなく気になりませんか?

Q:前立腺がんについてのアドバイスをお願いします。67歳ですが、公立病院で中程度(3+4)が2つ発見されたので、3月に手術しようと思います。医者は①手術②外からの放射線③内部に放射物を埋めこむ、の3つからの選択を提案してきました。②は日にちがかなり必要のようなので、勤務に影響するので除外③は大学病院での予約待ちに1年半ぐらい、その間は薬で抑える。迷ったが、手術でのおしっこが漏れやすくなる弊害は、我慢できそうなので手術を選択したのですが、良かったかどうかアドバイスをお願いします。手術後の弊害や不自由はどんな事か。又入院は2週間弱だそうですが、術後で入院中の大変な事などは無いでしょうか。補足 PSA値は昨年までは4から12でしたが。昨年腹に太い注射をしました。3ヶ月持つとの事でした。1月は、0.833に2月は0.480になっています。 手術にも色々あるそうで、内視鏡で行う方法もあるが、自分の病院では出来ないので、担当の先生の得意な手術で良いと答えました。どんな方法も完治ではないので、再発の恐れがあるので、術後も長い期間通院し、検査を続けなければならないそうです。セカンドオピニオンが必要なら紹介しますとのことでしたが、腹を決めていたので、それは断りました。
A:父が8年前にごく初期の前立腺がんで内視鏡手術を受けました。その時父は67歳でした。市の健康診断でたまたま発見(PSA=10)され精密検査の結果癌だったのです。質問者さんと同じ①~③の方法を検討し、本人と家族の総意で再発の恐れが少ない手術を選びました。再発にびくびくするのが嫌だったし、言葉は悪いですが、高齢になれば遅かれ早かれ尿漏れはありえるだろうから(?)その後の人生を安心して送れる手術を選びました。内視鏡だったので、術後の回復も早く、10日間の入院で済みました。術後は薬の服用や放射線、ホルモン療法など何もせず、半年に一度血液検査(PSA)するだけで今のところ全く異常はありません。しかし現在でもやはり尿漏れが続いており、市販の尿取りパッドを使っています。温泉の大浴場やプールは行けず、そう言う意味では制限はありますが、再発(命)には代えられないので仕方ないと思っています。実は現在、叔父(69才)意も前立腺がんの治療をしているのですがステージが進んでの発見だった為、すでに転移(骨と肺)がある為、ホルモン療法を2年続けています。しかし薬への耐性が起き始め、薬を変える事が検討されています。

ガン治療先延ばしの名将、菊間監督の八王子実践は3回戦敗退 – MSN産経ニュース

ガン治療先延ばしの名将、菊間監督の八王子実践は3回戦敗退
MSN産経ニュース
昨年12月に前立腺がんが見つかった。2002年に肺がんの手術を行って以来の再発。ホルモン療法を行ってきたが、約40日間連続で行う放射線治療は、今大会出場を理由に先延ばしした。 「隠したって仕方ない」と病状は選手や関係者も知っている。

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る