前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん 自覚症状の徹底研究

2012.01.13

スポンサードリンク

前立腺がん 自覚症状がちょっと気になっています。

Q:前立腺のことで教えてください。まだ32歳の夫のことですが、PSAの数値が6以上あります。医者からは30代の前立腺がんの例がないようです。医者もわからないということで、経過をみておりました。三ヶ月に一度の検査をし、段々数値が上がってきました。一時は下がったりもしていたのですが、最近6.2に数値が上がりました。自覚症状がないようなので心配です。一般的には50代からの病気のようですが原因としては何が考えられるでしょうか。
A:はいなのです。PSAは感度(本当に前立腺がんの人を正しく陽性と示す率)も高いけど、偽陽性率(本当は前立腺がんではない人を間違って陽性と示す率)も高いのです。(年齢別にカットオフ値もあるみたいだけど30代での研究はざっと調べてみつからなかったのです)。一応、PSAの正常値は4(ng/ml)未満、4~10がグレーゾーンとはされているけど、32歳で前立腺がんを疑うのはありえないと思うのです。ちなみにPSAの偽陽性でその年代から推測すると、おそらく急性前立腺炎あたりだと思うのです。http://health.goo.ne.jp/medical/search/10K10300.html杞憂だと思うのです。キーワード:PSA 偽陽性 で調べるのです。http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1210619387?fr=rcmd_chie_detail過去の知恵袋での質問・回答で泌尿器科医がよい回答をしているので参照なのです。一応、おだいじに なのです。

前立腺がん治療 日中協力で新たなステージ……最後の1本が救った命 – サーチナニュース

前立腺がん治療 日中協力で新たなステージ……最後の1本が救った命
サーチナニュース
ここ中国でも中高年男性の間で患者数が増加傾向にあるが、まだまだ対応が遅れているのが実状だ。 前立腺がんは進行するまで自覚症状がほとんど無いため、発見が遅れることがしばしば。そのため、定期的な健康診断を通して、PSA(前立腺特異抗原)という腫瘍マーカーを

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る