前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん 放射線治療 副作用の情報最前線

2012.01.19

スポンサードリンク

前立腺がん 放射線治療 副作用がちょっと気になっています。

Q:80歳、前立腺がんで腰に骨転移多発です。今年の8月ごろから少しずつ歩行が困難になり始め、11月には杖をついてゆっくりしか歩けなくなりました。地元の整形外科でMRIをとったところ、骨の破壊が尋常でなく(組織が外へ溶け出している?とのこと)大学病院で精密検査をして、前立腺がんの骨転移であることが確定しました。現在、前立腺の生検をする予定でいます。その後に治療方法が決まるかと思うのですが。。。前立腺に対する治療、骨に対する治療、痛みに対する治療と、3方向から治療することになると、一般的には言われていますが、ホルモン治療や放射線治療をすると、転移先である腰の骨も再生されてくるのでしょうか。ホルモン治療は、骨の腫瘍も転移元と同じ性質のため、両方に効くという情報もありますが、「効く」というのは、どんな形で効くのでしょう。。。?腫瘍は小さくなるが、骨は再生されずに、歩行は困難なままなのか、又は、腫瘍が小さくなり、骨の強化(ゾメタ等?)をつづければ、破壊された骨も少しは再生されて、歩きやすくなってくれるのでしょうか。まだ、腫瘍の悪性度までは分からない状態なので、治療法も未確定ですが、治療の副作用に耐えて、良好であれば、また少しは歩けるようになる可能性がある、という希望は持てるのでしょうか。
A:ホルモン治療や放射線治療をしても、骨の再生は難しいでしょう。ホルモン治療は全身に投与後全身に効果が表れますから、前立腺局所、転移しているところに効果が出てきます。この効果というのは癌の増殖を抑えておくことを意味します。長期間増殖を抑えていると、癌細胞が死ぬこともあります。この評価をPSAで行います。歩行についてはゾメタ投与を継続しても状態次第ではありますが楽観的に考えるのは難しいのではないでしょうか。80歳という年齢であれば、ホルモン治療を中心とした治療になると思います。骨転移がありますから月に1度の頻度でゾメタ投与、痛みがあるのであれば、疼痛管理を行っていくことになるのではないでしょうか。

前立腺がん治療 日中協力で新たなステージ……最後の1本が救った命 – サーチナニュース

前立腺がん治療 日中協力で新たなステージ……最後の1本が救った命
サーチナニュース
「これまで何回も検査したけど、ずっと自分は癌かもしれないと悩み続けてきました。今回、日本人の先生に診てもらって、ようやくはっきりした」そう述べたのは、JICA協力をとおして、前立腺がんの診断を受けた70歳代の中国人男性。この日、ひとりの命を救った

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る