前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がんの最新レビュー

2012.01.22

スポンサードリンク

こんにちは、今日は前立腺がんについてです。

Q:前立腺がんで手術後PSAが上昇し放射線治療を約30回受けました。その後のPSAが上昇したとして次の治療(ホルモン療法など)を受ける目安になるPSA数値は、どれくらいですか。
A:2010年のNCCNガイドラインでは放射線治療後もっともPSA値が下がったところから2.0ng/ml以上の上昇を再発としております。実際にどこからホルモン治療を開始するかについては年齢、担当医の考え方によるとは思いますが1~2くらいになれば、ホルモン治療をすると思います。

駒ケ根のバイオベンチャー、副作用少ない抗がん剤 – 日本経済新聞

駒ケ根のバイオベンチャー、副作用少ない抗がん
日本経済新聞
バイオベンチャーのアクトジェン(駒ケ根市、梶川益紀社長)は微生物化学研究会(東京・品川、野本明男理事長)と共同で、副作用が少ない抗がん剤を開発する。ヒトの免疫機能を活用する抗体医薬品で、前立腺がんや膵臓(すいぞう)がんに効果があるという。

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る