前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん 免疫療法の新着比較

2012.01.30

スポンサードリンク

こんにちは、今日は前立腺がん 免疫療法についてです。

Q:全身麻酔の後遺症?知人男性(50代)が、前月前立腺がんの全摘出手術を受けました。3週間ほど経ちますが、尿漏れはまだあるみたいですが、通常の範囲と言われています。(小切開・腹腔鏡使用・3時間半)手術から10日ほどで退院しましたがその後会うと、何だかえらい老けたような? ボーっとしているように見えます。「頭大丈夫?」とも聞けず、頼まれて買ってきた尿漏れパットを渡すぐらいなのですが・・・全身麻酔の後で、頭がボケたようになることはありますか?もともとおっとりボーっとした人なんですが入院前日までと、退院後もすぐに仕事に復帰しています。体力もだいぶ回復してきているようですが、動きも以前より緩慢に見えます。普通に会話もして、代金を支払ってもらったりそういう基本的なことは、一応問題なくできています。ですが明らかに、以前よりのろいんです。 動きも反応も。これは全身麻酔の時に起きる、後遺症のようなものなのでしょうか。こうなる事ってあるのでしょうか。脳の検査を受けさせた方がいいと思いますか?
A:全身麻酔の後遺症の可能性は非常に低いです。いろいろといままで回答していますので、検索してみてください。

肺がんの5年生存率、ぴたりと当てる新たな検査法 – AFPBB News


AFPBB News
肺がんの5年生存率、ぴたりと当てる新たな検査法
AFPBB News
肺がんはがんの中で致死率が最も高く、年間死者数140万人は乳がん、大腸がん、前立腺がんの死者数を合わせた数をも上回る。 現在、早期肺がんはがんの大きさ、場所、顕微鏡データで分類される。米国では、がん患者のうち最も初期のステージで検出される割合は30%程度に

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る