前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

杉原輝雄 前立腺がんの濃い情報

2012.02.01

スポンサードリンク

こんにちは、今日は杉原輝雄 前立腺がんについてです。

Q:前立腺がんを公表した頃の杉原輝雄さんが、がんを克服しつつプロ活動を続ける療養の一環として女性ホルモンを投与された際、飛距離に凄く影響したということですが、こういう話を聞いた女子プロが密かに男性ホルモンを注射したとしたら、その選手の飛距離は伸びるのでしょうか。また、こうした行為がゴルフ界の掟破りになるのかどうかも、併せて知りたいです。
A:杉原は女性ホルモンを打って飛距離が減ったので注射を中止しました。男性ホルモンを打っても筋力が付くのではなくひげが伸びて胸が小さくなるくらいで体調がおかしくなるだけです。筋肉は鍛えないと付きません。投与するとしたら大リーグ選手のマクガイアーが使ったような筋肉増強ホルモンですね。ホームラン記録を作りましたが選手生活を縮めてしまい体調不良で苦しんでいます。プロはドーピング検査をする規則がないので掟はないですがゴルフはバランスのよい筋力を求めますのでなかなか難しいと思います。

ゴルフ界の偉大な先達逝く 杉原輝雄氏、林由郎氏に合掌 – MSN産経ニュース

ゴルフ界の偉大な先達逝く 杉原輝雄氏、林由郎氏に合掌
MSN産経ニュース
2011~12年をまたいで、ゴルフ界で一時代を築いた先達2人が鬼籍に入られた。1人は10年以上にわたる前立腺がんと闘いながらも“生涯現役”にこだわり続けた杉原輝雄氏。もう1人は、青木功や福嶋晃子ら数多くのプロ選手を育てた林由郎氏だ。

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る