前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん 原因のマメ知識

2012.02.13

スポンサードリンク

前立腺がん 原因がちょっと気になっています。

Q:はじめての家族介護今年の夏まで個人タクシーで働いていた父親が、今年8月に体力の限界とのことでやめました。77歳です。その後は、家でずっと過ごしていたのですが、日に日に体力が落ちていき5日前に、とうとう自力で起き上がることが困難になっています。立ち上がるまでが自力でできないようで、一旦立ってしまうと、なんとか歩けます。前立腺がんの治療も薬と注射で続けていますが、起き上がれなくなったり、足が弱る原因とはまた違うらしく老化によるものと考えられるようです。(医師の話による)寝た状態から座る状態になるのができないらしく、人の手をかりる必要があります。1番困るのがトイレで、24時間、特に夜中は家族を起こして、トイレにつれていかなければなりません。現在、私、母親(73歳)と3人で暮らしており、私が日中仕事にいくとき、母親が介護しているので、73の母親の負担も相当あり、悩んでいます。私がいてあげればいいのですが、食べていかなければならないですし、仕事を休む訳にはいきません。朝から夜まで不在で、その間、年のいった母親が、父親をたたせて、トイレにいかせています。相当なチカラも必要なのに、その負担を73歳の母親がしているのもつらいものがあります。いままで介護等が無縁の家族でしたので、どうしたらよいか途方にくれています。まずは介護保険の手続きから早くはじめなければ・・、と思っています。そこでお聞きしたいのですが、介護が必要なお年寄りがおられる場合で、あとの家族が食べていくために仕事を休めない場合、無理をしてでも仕事を休んで皆さん、介護されているのでしょうか?はじめてのことで、何から手をつけていいか、いまパニックになっています。父親の変わり果てた姿を見るショックと、しっかりしなければと思う自分と、母親の負担も軽くしてあげなければならないという焦りやもどかしさがあります。昼間だけでも、なにか介護サービスで、迎えにきて何か軽いリハビリ運動(その間は母親も解放できます)してもらうサービスなど、ないものでしょうか?私が家にいる間は、できるだけ私がサポートしたいのですが、どうしても仕事で家を空ける必要があります。その間だけでも何か良い方法がないものか、いきなりの状態で戸惑っているところです。何かよい情報があれば参考までにお聞かせいただきたく、宜しくお願いします。
A:親が年老いていき介護を必要になった姿を受け入れるのは とても大変な事だと思います。介護が必要になったお父様だけではなくお母様や娘さんも安心して介護しながら生活していくことが大切だと思います。まず一番先にやる事は、市町村役所の介護課(地域によって介護福祉課など呼び方が違う事もあります)に行き、介護申請をしてください。それをやると役所から「介護認定調査員」が来てお父様の状態・症状やご家族の話を聞き、家族が必要書類を提出して介護度認定を受けます。その後は、介護事業所や施設(認定書と一緒に一覧が送られてきます)に連絡をして介護支援専門員(ケアマネージャー)をつけてもらいます。後は、ケアマネージャーがお父様の状態・症状やご家族の話を細かく聞き、どんなサービスがどんな時間にどのような介護サービスが必要なのかを考え サービス内容や料金などが書かれた計画書を提示します(納得がいくまで計画書については話し合った方がいいと思います)。決定したら ケアマネージャーが各介護事業所と連携をとり計画書に乗っ取った介護がスタートします。介護をするために仕事を休む方は生活が成り立たなくなる為あまりいないと思います。娘さんがいない時間にご両親が安全に安心して過ごせるよう介護従事者は考えます。介護サービスの中で「通所リハビリデイサービス」という事業所があります。朝8時半か9時頃迎えに来て軽い運動をしたり、みんなで歌を歌ったりゲームをしたりして午後の3時半か4時頃に送ってきてくれます。また、病院にあるような上半身が起き上がるベットを借りることもできるので それがあれば一人で起き上がることも可能になるかもしれません。(そのようなサービスを受けるためにも介護認定を受けてケアマネージャーを付ける事が不可欠です)介護申請をする時や認定調査員・ケアマネージャーとの話し合いの時には仕事の時間を削らなければならないかもしれませんが最小限で食い止められる筈です。がんばってください。

年をとると尿の出が悪くなるのはナゼ? – ZAKZAK

年をとると尿の出が悪くなるのはナゼ?
ZAKZAK
ところが、加齢や出産、ストレスなどが原因となって種々の障害が現れるのです」 男性は50歳以降になると、加齢によって、膀胱から尿道にかけての「前立腺大きくなるという傾向があるそう。 「前立腺が大きくなると尿道を圧迫するため、尿が十分に出しきれずに残って

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る