前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん 転移がヒットする理由

2012.02.14

スポンサードリンク

前立腺がん 転移がちょっと気になっています。

Q:前立腺がんのPSA数値と、転移の可能性について教えて下さい。私の父は69歳で、PSAの数値が7と言われました。去年の血液検査でもひっかかったのですが、その時調べたら大丈夫と言われ、安心してたのですが、最近になり、PSAの数値が徐々に上がってきていると医者に言われました。MRIで検査したところ、カゲが見えるということを言われました。インターネットで調べてみると、7というのはグレーゾーンとのことですが、カゲが見えると言われてしまったので、前立腺がんなのではと思っています。手術をして取りきることができるのなら、まだ安心できるのですが、どこか他の部分に転移をしていたら。。。と考えると、不安で不安で仕方ありません。PSA7というのは、グレーゾーンの値ですが、それでも転移の可能性はあるのでしょうか?1月に生検する予定ですが、本当に毎日不安です。7というのはどのくらい危ない数値なのか、転移の可能性はあるのか、等、どなたか、おわかりになる方いらっしゃいましたら、教えて下さい。お願いします。
A:知人は53歳でPSA26判明検査したら膀胱にも見つかり、3ヶ月後に内視鏡にて膀胱の腫瘍の摘出手術1年間ホルモン療法で前立腺ガンを前立腺ごと小さくしてから、この10月に前立腺の摘出手術をしました。前立腺ガンは、予後のいいガンです。10年生存率8割とも言われてます。お父様の年齢と数値から言って、外科手術はせずにホルモン療法でこの先抑えて行く治療になるかもしれません。あるいは小線源療法や先進医療も視野に入るかも・・・とにかく、運のいいガンですので、悲観されることなく治療を受けられてください。知人は手術しても入院は10日でしたし、何も症状がないので手術の前日まで普通に仕事していて、退院から二日後には復帰してました(笑)

武田薬品、日本における前立腺癌治療薬TAK-700の臨床第3相試験を開始 – 日本経済新聞 (プレスリリース)

武田薬品、日本における前立腺癌治療薬TAK-700の臨床第3相試験を開始
日本経済新聞 (プレスリリース)
一つの試験(C21004試験)は、ホルモン療法などの去勢治療に抵抗性を示し、かつ、化学療法未実施の転移前立腺癌患者を対象に、多施設・無作為二重盲検で、プレドニゾロン※3と併用してプラセボ投与群とTAK-700投与群を比較します。主要評価項目は、全生存

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る