前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん 生存率って何がいいの?

2012.02.17

スポンサードリンク

前立腺がん 生存率のことがなんとなく気になりませんか?

Q:末期がん患者に全身麻酔。祖父86が前立腺がんを患っており、末期です。大丈夫なのは頭、両腕、膝下だけです。肺に水が溜まり、入退院を繰り返してます。8月、今年一杯の余命宣告をうけました。そんな祖父が、今週、転んで大腿骨骨折をしました。その為、至急手術が必要なようです。末期がん患者には局所的麻酔は効かない。そのため全身麻酔になるが、全身麻酔をすると、蘇生しない可能性があるとの事です。全身麻酔した場合生存率はどれ位になりますでしょうか?
A:文字数が多くなり入らなかったので、以前の回答は消しました。追加まあ、ある意味予想通りの回答と思われます。肺のリスクに関してですが、肺自体が悪い(転移などで)のか、心臓が悪く肺に影響があるのか、これだけでは判断が出来ませんね。(肺)梗塞に関しては、このまま痛みで動かなくなる事でも起こりますので、これは何ともいえないですね。泌尿器科の薬剤に詳しくないので、そちらは評価できません。血液をさらさらにするお薬を内服しているようであれば、手術の時には止める必要が出てくるかも知れず、それによる脳梗塞発症の可能性は挙がるでしょう。(梗塞がどこに起こるかによって症状は多岐にわたります)骨髄転移に関してはそのままの理解で。大腿骨骨折にもいくつか方法があり、おそらく最も簡易的な方法を選ぶものと思いますが、手術するときに足などをいろいろと動かさなくてはいけないので、それにより新たな骨折が出来る可能性はあるでしょう。特に転移によって骨がもろくなっている場合には。(今回の怪我も、転移が関係している可能性があり、回復に影響を与えるかもしれません)気になるのは、麻酔科医の意見が無い事ですね。もしかしたら麻酔科医(常勤)がいない病院かもしれません。この方の麻酔はリスクが高いですので、誰が麻酔をするのかは確認したほうが良いでしょう。整形外科の比較的簡単な手術の場合、整形外科医自身が麻酔をかけることがあります。全身管理に関しては、まず麻酔科のほうが優れていますので。(麻酔の薬剤を投与する事自体は整形外科医でも出来ますが、それによるいろんな反応、例えば血圧低下や呼吸への影響など、に対する対処は間違いなく麻酔科がベストです)

アスピリンでがんの転移を抑制 – AFPBB News


AFPBB News

アスピリンでがんの転移を抑制
AFPBB News
以上のことから、リンパ管の拡張を抑制する働きを持つアスピリンは、「リンパ管の拡張を抑えることでがん細胞の拡散抑制に効果的に働く可能性がある」と、研究者は述べている。 今回の発見は、乳がんや前立腺がんなどの固形がんの抑制を可能にする新薬の開発につながる

and more »

 

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る