前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん ホルモン治療の成功?

2012.02.20

スポンサードリンク

前立腺がん ホルモン治療がちょっと気になっています。

Q:前立腺がんについて2度めの質問です。父が先日PSA検査を受け、値が230ぐらいで今度、生検を受けることになりました。(もともと骨盤、膀胱のMRIを受け前立腺がんの疑いでPSA検査をしました)その結果、膀胱部に腫瘍は見当たらないが、若干膀胱部にはみ出てるかも、値が高いのでおそらく初期ではないでしょう。と言われ今はただ生検を受け結果が出るのをただ待つしかないのですが、生検で癌細胞が発見された場合は、すぐ放射線治療やホルモン治療をしてもらえるのでしょうか?生検の結果、スコアなど病期が決まるとネットで見ましたが不安でたまりません。今は症状は頻尿以外は無いそうです。大好きな父なので少しでも私も知識を入れてどうにか精神的に支えになってあげたいです。以前もたくさんご回答いただき、ご紹介いただいたサイトも拝見いたしました。経験者の方、医療関係者の方など詳しい方からのご回答をお待ちしています。
A:症状などはとりあえずはこれで十分かと。ただ治療法に関しては実際に医師と相談されるのが一番かと思います。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E7%AB%8B%E8%85%BA%E7%99%8C下の根拠のないいわゆる「トンデモ」な治療法は信用すると悲惨な事になりかねませんので、注意して下さい。他の方にも何度も注意されてます…こういう困った方を騙したり脅かしたりする行為は本当に許せないですね。

女性のピル服用で男性の前立腺がんリスクが増加 – kenko 100


kenko 100
女性のピル服用で男性の前立腺がんリスクが増加
kenko 100
高い避妊効果が得られる一方、副作用の報告も少なくないが、これまでは服用している女性に限ったことが多かった。ところが、カナダ・トロント大学プリンセス・マーガレット病院のDavid Margel氏らは、女性の経口避妊薬の使用が、男性の前立腺がんリスクを増加させるという

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る