前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん 末期のテクニック

2012.02.24

スポンサードリンク

こんにちは、今日は前立腺がん 末期についてです。

Q:数年前に亡くなった父のことです。亡くなる3年前に尿の出が悪くなり、近所の泌尿器科へ。年齢的に、前立腺肥大の可能性が高いのでしばらく経過観察のための通院を、月1回1年ほど続ける。ちょうど1年たった頃、原因不明の発熱などの理由で、近所の内科で数ヶ月入退院を繰り返すものの、病状はあまり改善されず。尿の出も依然悪いので再度、同じ泌尿器科にいくと、ようやく総合病院を紹介される。そして検査。結果は前立腺がんで、骨に転移した末期状態で、完治不可能との診断。初めて近所の泌尿器科に行ってから、約1年半。早く信頼できる病院に、連れて行くべきだったといまでも後悔しています。家族も、本人が前立腺肥大と診断され、仮にガンでもすぐ治ると医者から言われた言葉を、信じきってた結果がこの有様です。そして1年半後に他界。内科も内科です。前立腺がんの特徴的な症状も、間違いなく訴えていたと思います。9年前の出来事ですが、もちろん病気に対して無知であった家族に、1番責任はあるかもしれませんが、こんな開業医に対して皆さんどう思われますか?後日談ですが、2人の医者に別々に会う機会があったのですが、すごく言い訳していました。そして極めつけは、2人とも超有名国立大医学部の出身で、なんと実の兄弟なのです。
A:ふーん、それはお気の毒なことでしたね。私も6年前に母をクモ膜下出血で79歳で無くしておりますが、事前の脳神経外科では発見出来ませんでした。医者は3人殺して一人前とか、病院に行ったら殺されるとか言いますが、若年癌の原因は日頃のストレスなのです、私達の体は日々癌細胞が出来ています、またそれを修復する免疫も備わっています、その免疫を壊すのが生活ストレスなのです。多分お父様は責任感の強いグチを溜め込むタイプだったと思われます、余程の医療ミスが無ければ天命だと思って下さい。

「自宅で最期」かなえたい/鹿島に支援団体 – 朝日新聞

「自宅で最期」かなえたい/鹿島に支援団体
朝日新聞
会合では県内の緩和ケア病棟(ホスピス)は空きが少なく、入院を待つ数カ月の間に患者が亡くなることもあり、在宅医療の推進が急務という現状が紹介された。 風のガーデンの会の代表を務める久原さんは、14年前まで都内の映画製作会社に勤めていたが、父親が前立腺がん

 

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る