前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん 放射線治療の最新ランキング

2012.02.25

スポンサードリンク

こんにちは、今日は前立腺がん 放射線治療についてです。

Q:私の上司が前立腺がん(病期:B T2a)と診断され、片葉のみにがん細胞があると言われたようで、本人は「医師からは、放射線治療にするか、摘出にするか1週間内に決めろと言われた」と悩んでいます。全摘の場合のリスク、放射線治療による場合のリスクを考えた場合、(年齢60歳)まだ若いので、全摘だと男性機能が失われますが、放射線の場合はそれはないと言われたそうです。 ただ、放射線の場合は年齢から考えると再発の可能性が残りますので、これもどうかと悩んでいます。同様の症状を経験された方、または専門医の方ご指導頂きたくお願いします。
A:60歳でしたら既にお子様もおられるでしょうから、私としては再発する恐れれの無い「全摘除術」をお奨めしますね。(^^)

普及へ動く重粒子がん治療 治療施設、3年後5カ所に 人材育成が急務 – 47NEWS


47NEWS

普及へ動く重粒子がん治療 治療施設、3年後5カ所に 人材育成が急務
47NEWS
放射線の一種である重粒子線で、がんの病巣をピンポイントで狙い撃ちする「重粒子線がん治療」の全国的普及に向けた動きが活発化している。治療施設は現在稼働中の3カ所に加え、3年以内に2カ所が新設される予定。治療や機器開発に携わる人材の需要増加が見込まれる

and more »

 

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る