前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

乳製品 前立腺がんの新着ランキング

2012.03.01

スポンサードリンク

乳製品 前立腺がんのことがなんとなく気になりませんか?

Q:乳製品について‥チーズやヨーグルトなど、乳製品が好きでよく食べています。ところがネットで、『乳製品を頻繁に摂取する人は最も摂取しない人より1.5~1.6倍前立腺がんのリスクが高い』ということが書いてあり、また、こちらの他の方の質問でもハッキリと『体に悪い』と書いてあったのですが‥。 でもヨーグルトには善玉菌があるし、牛乳なんかはカルシウムが豊富ですよね? どれが本当なのか‥分かる方、お答えお願いしますm(_ _)m
A:乳製品に限らずですが、メリットだけしか無くてデメリットのない食品など存在しません。たとえば、一番身近な塩でも、動物にとって必要不可欠な物ですが、取りすぎは、高血圧等、死亡に繋がるリスクも生じます。前立腺癌と牛乳についてですが、リスクについて発表した厚労省の研究班は、「前立腺癌のリスクはあげるが、大腸癌のリスクは下げることも判っているので、一概に飲むことを控えるような事を奨めるものではない」と言っています。つまり、研究班自体も、リスクの存在を指摘していても牛乳の有効性についても否定はしていません。かつての日本食では心臓疾患や血管疾患・胃ガンのリスクを高め、洋食に移行と共に、これらの病気が減るのと同時に大腸癌や前立腺癌、糖尿病が増えるというように、それぞれ、一長一短があり、牛乳に関しては、日量コップ数杯を飲む事を奨める国はあっても、飲まないことを勧めている国や保健機関は何所にもありませんので、ご心配なく。少なくても、ハッキリと「体に悪い」と言い切る人の主張は、根拠に信頼性がありませんので、鵜呑みにはしない方が賢明です。

サプリメントで前立腺がんリスクは低下せず―独研究 – kenko 100

サプリメントで前立腺がんリスクは低下せず―独研究
kenko 100
特にアジアや地中海の食事は良いとされ、これには大豆に含まれるフィトエストロゲンやトマトがリスク低下に一役買っていると考えられる。その一方で、乳製品の多量摂取が前立腺がんリスクを上昇させる可能性が示唆されており、乳製品に含まれるカルシウムが原因とされて

 

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る