前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん 予防の革命

2011.11.11

スポンサードリンク

前立腺がん 予防がちょっと気になっています。

Q:インフルエンザ予防接種をした後で前立腺がん検査の採血をしました、影響ありませんか??区民検診で前立腺がんの血液検査の結果PSA値62と出て精密検査が必要と言われました思い出したのですがインフルエンザの予防接種を受けた後で前立腺がん検査を思いつき採血を受けましたインフルエンザの予防接種は前立腺がん血液検査に影響はないものでしょうか
A:インフルエンザの予防接種は影響ないだろうと思います。おそらく、 がん以外の なんらかの原因で、PSA の値が一時的に、上昇した可能性はないのか?という質問なのだろうと思ってお答えします。影響を及ぼすものとしては、前立腺に何かしらの刺激を受けた場合があります。たとえば、尿道カテーテルを入れたとか、膀胱鏡、大腸ファイバー、直腸診、射精後などに上昇する可能性があります。前立腺肥大症に対する高温度治療のあとにも上昇します。ほかにも、尿が出にくくなる事があったり、細菌によって膀胱炎や前立腺炎になったあとにも上昇します。前立腺が大きくなるにつれ、また年齢があがるにつれても PSAは少しずつ高くなります。以上のようなことも考えられますが、やはり精密検査をうけるのがよいだろうと思います。 一時的に上昇しただけではないかとお思いなら、PSAを再検査してもらったらいいでしょう。(以上、私の父に聞いて書きました)

医療&健康ナビ:アスピリン 英ニューカッスル大、ジョン・バーン教授の話 – 毎日新聞

医療&健康ナビ:アスピリン 英ニューカッスル大、ジョン・バーン教授の話
毎日新聞
私は遺伝的にがんが発生しやすい患者について研究しているが、大腸がんのほか、子宮内膜がん、卵巣がん、胃がんについては予防効果があると思う。一方、乳がんや前立腺がんについてはあいまいだ。研究を進めていけば、遺伝的にがんになりやすいなど、リスクの高い人に対し

and more »

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る