前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がんの成長スピード

スポンサードリンク

前立腺がんの成長スピード

世界的に前立腺がんが発病する年齢は、平均66歳前後と
言われており、また、前立腺がんは、他の癌と比較すると
進行が遅い癌と言われています。

癌は、正常の細胞から突如変異した細胞のことを言いますが、
生活習慣や生活環境の変化で、正常な細胞が傷つき、
そこから癌が成長していくと言われています。

若い年齢の場合、癌細胞が生まれても人本来の免疫機能により
排出されますが、加齢とともに免疫機能が低下しますので、
その頃から、癌細胞が体内で成長をしつづけ、
癌に負けて死亡します。

癌で死亡するときの癌の大きさは、1センチ前後が一般的です。
ここで間違えてはいけませんが、
その1センチの癌は、癌細胞が突然生まれるのではなく、
癌細胞が成長して、1センチの大きさになることです。

癌細胞が成長するという意味は、正確には細胞分裂です。
細胞は、本来自らの細胞を分裂しながら、生命を維持しています。
癌細胞は元々正常な細胞ですので、分裂機能を備えています。

つまり、癌細胞が分裂することで、大きくなるわけです。

前立腺がんの癌の成長スピードは、
他の癌と比べると、比較的遅いと言われており、
人が癌で死ぬ1センチの大きさに成長するまで、
8年〜15年かかると言われています。

これを基準に考えると、75歳前後で発見された前立腺がんは、
真剣に取り組まなくても良いというのが世界的に認識されて
います。

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る