前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん 治療法の情報

2011.11.12

スポンサードリンク

前立腺がん 治療法について調べてみました。

Q:14歳と6ヶ月のチワワと飼っています。前立腺がんにかかっています。麻酔を掛けることに抵抗がある為、組織検査や転移の状況を調べたりはしてませんが、進行が早いとの事ですので、骨やリンパなどに転移しているのかもしれません。前立腺がんは発症率も低く、症例も少ないため予後の状態などよく分かりません。もし前立腺がんを患ってる飼い主の方がいらっしゃれば、今後の症状などお伺いしたいと思います。今は食欲もあり、朝晩毎日散歩に行けてます。かかりつけの獣医に、こんなに元気だったら、他には転移してないですよね?って聞いてみると、骨などへの転移は1部分だったりするので、ジワリジワリと痛み出すので、他が元気な事が多いので、転移してないとは言えませんと言われました。かれこれ、4月には異変があり、麻酔での検査は避けたかったので、病理検査で悪性がんと診断され、エコーで前立腺が肥大していたので、抗男性ホルモンを抑える薬を服用して小さくなるか試みたところ、変化がなかったので、加齢による前立腺肥大ではないと判断され、直腸検査をして異物があること、排便障害、細い便が出る事から前立腺がんだとの見解です。手術はもともと考えてはいませんでしたが、摘出してもよくならず、治療法ないため、ただただ見過ごすしかないとの事ですが、今後は、どの様な症状が出てくるのでしょうか?後ろ足が動かせなくなったり、排便もできなくなるのでしょうか?とても苦しむのでしょうか・・・・どなたか分かる方教えてください。お願いします
A:犬の前立腺癌は、転移性が高く、手術をしても根治する確率が少ないことと、手術後のわんちゃんの管理のことを考えるとあまりお勧めできるものではありません。ゆえに経過観察する場合が多いのですが、その後、骨やリンパ節、肺、肝臓などに転移を起こし臓器障害を起こす場合や、尿道が閉塞しおしっこが出なくなる場合などがあります。症状はその状況によるので今の地点でどうなるとは言えません。骨が解ける場合、それを抑える薬で対応する場合もあります。ピロキシカムという抗炎症剤が前立腺癌に有効な場合があります。抗癌剤でもなく、高価な薬でもないので、使ってみてはと思います。また、症状が出てくるのなら、放射線治療での緩和治療もあります。

がん治療の新しい選択肢 重粒子線 – 朝日新聞

がん治療の新しい選択肢 重粒子線
朝日新聞
通院で治療できる半面、全額自己負担で約300万円という高額な医療費などが課題になっている。 東京都町田市に住む医療法人役員、吉田道雄さん(72)は05年9月、前立腺がん治療で重粒子線治療を選んだ。理由は「痛いのはいや。仕事が忙しく、早く治療が終わる」。

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る