前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん小線源療法

スポンサードリンク

前立腺がん小線源療法

小線源療法は、放射線を発する小さな線源を前立腺に埋め込み、
前立腺の内部から放射線を照射する治療です。

PSA検査による前立腺がんの早期発見は、手術、小線源療法の治療成績は大きく変わりません。
治療成績以外の要素が選択の決め手となります。

前立腺がんの手術は、患者さんにある程度の体力が備わっていることが前提となります。
年齢的には70~75歳くらいまでが一般的です。入院期間は2~3週間。
前立腺がんの手術の副作用として、約1割に尿漏れ(にょうもれ)、約半数に勃起不全(ぼっきふぜん)に
なる傾向があります。

前立腺がんの小線源療法は特に体力を必要とはしません。
75歳か、もう少し上の年齢までを対象にして治療を行えます。
副作用として、尿勢(にょうせい)の一時的な低下、頻尿(ひんにょう)、
切迫尿(せっぱくにょう)などが現れますが、重い症状ではありません。
治療に要する時間は2時間ほどで入院期間は4日。すぐに通常の生活に戻れます。

治療成績はほぼ同じなので、
患者さんはご自分の置かれている環境によって、
手術か小線源療法かを選択します。

仕事されている方だと7~8週間毎日通院するのは大変ですので、
小線源療法や手術を選択した方がよいでしょう。

また、一般的な尿漏れや勃起不全などの合併症を避けたいのであれば、
手術は避けるべきです。

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る