前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん 闘病記についての関連情報

2011.11.13

スポンサードリンク

前立腺がん 闘病記について調べてみました。

Q:前立腺がんについて質問します。私の父(62歳)が前立腺がん検診で何かの数値が7だったそうです。ちなみに基準値は4だと聞いてます。毎年検診にひっかかり検査をしていますが、異常なしで終わってます。ずいぶん落ち込んで弱ってます。がんの可能性はかなり高いのですか?詳しい方、同じような経験をされた方、お話を聞かせてください。
A:前立腺がんの検診で正常値が4といえば、PSA(Prostate specific antigen)でしょう。前立腺がんの腫瘍マーカーです。一般的に4未満が正常4~10までがグレーゾーンと呼ばれています。このグレーゾーンの人では10人いれば、3人程度が癌であると言われています。前立腺がんは非常に予後の良いがんの一つです。間寛平も前立腺がんが見つかってから世界一周したわけでそこまで深刻に考える必要はないと思います。他の方が指摘されているように転移をしてくれば、数千というレベルにまで上昇する数値でもあります。次に行う検査としては前立腺生検といって前立腺の一部分をとってくる検査を行います。おしりから採る方法と、会陰から採る方法がありますがこれは施設ごとで決まりますので、どちらを選択されるかはわかりません。採った前立腺の組織を顕微鏡で確認し(病理組織学検査)前立腺がんが確定します。癌が確定されれば、治療法の選択となりますが手術、放射線治療、ホルモン治療(注射+内服薬)、無治療経過観察のいずれかが選択されます。治療の選択には癌の悪性度が関わってくるので、今の段階では仮に癌であっても決めることはできません。あなたのお父さんの場合には今まで検査で引っかかったことがないとのことですし、まだ62歳と若いので、前立腺生検を行いその結果で今後の方針を決定することとなるでしょう。癌であっても早期のものの可能性が非常に高いです。引き続いて病院での検査をがんばってください。

(10/27)前立腺がん、ロボ使い非開腹手術 手稲渓仁会病院が近く開始 – 日本経済新聞

(10/27)前立腺がん、ロボ使い非開腹手術 手稲渓仁会病院が近く開始
日本経済新聞
前立腺がんなどの治療に活用することを目指す。開腹せず、腹部に数カ所の穴を開けるだけで治療できるため患者負担を軽減できる。保険適用できないため、費用は全額患者の負担となる。前立腺の全摘出手術で入院から退院まで50万円程度を想定する。

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る