前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん検査

スポンサードリンク

PSA検査

PSAとは前立腺の正常な部分でつくられているたんぱく質です。
前立腺がんでも作られ、前立腺癌の人は、一般的に血液中のPSAの値が上昇し、
治療がうまくゆくとPSAの値は下がり、悪化すると上昇します。
したがって、前立腺癌の腫瘍マーカーとして使われています。

PSAが、かなり高い場合は前立腺癌が疑われますが、本来、PSAは前立腺の
正常な部分でつくられているたんぱく質ですから、良性の前立腺肥大症や
前立腺の炎症などでも正常基準値より軽度上昇することがありますので、
専門医が他の診断とあわせて判断します。
PSAの測定は、採血をして行いますので身体に対する負担も少なく、
また特殊技能を必要としないので適切な診断方法とされています。

直腸診

前立腺の後ろ側は直腸と接していますから、医師は手袋をして肛門から
利き手の人差し指を挿入して前立腺に触れることによって、
その硬さなどから癌の病巣などを判断する検査方法です。
この方法は古くから行われており、重要な診断法です。

前立腺全体の大きさ、硬さ、不整の有無などから病変の存在や広がり、
さらにがん細胞が増殖して前立腺の皮膜を越えてまわりの組織まで浸潤して
いるかどうかなども判定します。

超音波(エコー)検査

超音波(エコー)検査は、肛門から超音波用探触子(プローブ)を挿入し、
水平断層像と矢状断層像の2方向から観ます。
前立腺の状態を画像化して観察する検査方法です。
前立腺がんの確定診断で用いられます。

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る