前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がんPSA検査の信頼性

PSA検査
スポンサードリンク

前立腺がんPSA検査の信頼性

最近の調査で、PSA検査でガンは早期発見できる方法
の1つですが、前立腺がんの死亡率を減らす原因には
ならない研究調査があります。

PSA値が非常に高いからといって、
悪性度が高いかというと、必ずしもそうではないからです。

しかし、ガン細胞によっては、進行度が早いものもあるので、
その場合、PSA検査でガンが発見された場合、
すでに手遅れで、現在の医学では、治療できません。

前立腺がんの場合、進行度や癌細胞の成長は、
他の癌と比較すると非常に遅いです。
この場合、前立腺を全摘しなくても、QOLが保たれる
ケースがあります。

アメリカでは、前立腺癌による死亡者数が減少したのは
PSA検査を実施して、早期発見で前立腺を切除したのが一般的な理由
でしたが、前立腺がんの手術を推奨していないヨーロッパ
では、死亡者数が減少したので、
実際の原因は、わからなくなってしまいました。

現在の基準は、PSA値が4以上であれば高いと判断され、
20以上であれば癌が転移している可能性があるとも
言われています。

しかし、PSA値が170以上でも元気な人もおり、
実際のPSA値が前立腺がんの死亡率を結びつける原因には
ならない可能性があります。

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る