前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

東洋医学 漢方 抗がん効果について

2012.03.31

スポンサードリンク

こんにちは、今日は東洋医学 漢方 抗がん効果についてです。

Q:東洋医学面又は、整体等に詳しい方にお聞きします。慢性的に背中に(特に脊椎に沿ってと肩甲骨周辺)掻痒感があり、皮膚は乾燥肌、肩・首の懲りががひどいです。どうすれば改善しますか?運動はバレーボールを週2回2時間ずつ程度とウォーキングを毎日4㌔程度しています。いい体操とか、ツボおしがありましたらおしえてください。
A:こんばんは。私は鍼灸治療に通って改善しました。首、肩、背中のこりとハリがありました。背中の皮膚もアトピーでガサガサして色も悪かったです。鍼灸治療に通いだしたら首肩背中とこりやハリが改善して楽になり、背中の皮膚も柔らかくなり血流がよくなりきれいになりました。合う合わないはあるかと思いますが、興味があれば、試してみてもいいと思います。

中国の富裕層に「医療ツーリズム」 浜松の弘遠会 – 静岡新聞社

中国の富裕層に「医療ツーリズム」 浜松の弘遠会
静岡新聞社
日本の西洋医学と中国の東洋医学の技術交流や、双方の人材交流を図る。 中医学院は3千床の病床を有する付属病院と医大を抱える。弘遠会が今年11月、検診設備を備えた新病院を浜松市内に開設するにあたり、中国の富裕層を対象にした医療ツーリズムに着目したのが協定

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る