前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん 免疫療法の比較・口コミ

2011.11.14

スポンサードリンク

こんにちは、今日は前立腺がん 免疫療法についてです。

Q:お忙しい中すみません。はじめまして。千葉に住む会社員です。義母の事で相談があります。先日義理の母が「前立腺がんの低分化型」と診断されました。病院では12月20日が手術の最短の日だそうです。ネットで調べると低分化型は進行が早いとの事で、12月の終わりまでこのまま放っておいてよいのか、不安です。手術の日に「手遅れです」と言われるなら他の病院で早く手術を受けるのがベターでしょうか・・・。その病院は前立腺で有名な都内の病院です。そこに掛かる前に女○医大で「悪性はほとんどない」と診断されていましたが、今回紹介していただき検査を行った結果「早く手術をした方がいい」との事ですがいわゆる「キャンセル待ち」です。手術待ちの患者さんがたくさんいる中で義母だけが優先して頂く事はやはり難しいのでしょう・・・。何かアドバイスをお願いします。
A:リクエスト有り難うございます。義理の母が前立腺??義理の父が前立腺でしょうか〜前立腺は私の専門ではありませんので泌尿器科医に相談して下さい。もしかして義理の母が甲状腺癌の低分化型と診断されたということでしょうか。甲状腺癌で急いで治療に取りかかる必要があるのは未分化癌です。低分化甲状腺癌もなるべく速やかに手術すすほうがいいと思いますが、2か月程度で非常に進行するということはないと思います。東京で甲状腺で有名な病院といえば表参道の病院でしょうか。そこでそのような判断でしたら、心配されなくていいと思いますね。私よりも数十倍の低分化甲状腺癌を治療されていますので。

久留米大:がんペプチドワクチン療法、科技振興機構「支援事業」に /福岡 – 毎日新聞

久留米大:がんペプチドワクチン療法、科技振興機構「支援事業」に /福岡
毎日新聞
久留米大(久留米市)は、新たな前立腺がん治療法として注目される「がんペプチドワクチン療法」が、実用化を支援する独立行政法人・科学技術振興機構の「研究成果最適展開支援事業」に採択されたと発表した。富士フイルム医薬品部門に委託して臨床試験を実施し、医薬品

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る