前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

大腸癌 腹膜播種再発 腸閉塞の情報最前線

2012.04.09

スポンサードリンク

大腸癌 腹膜播種再発 腸閉塞について調べてみました。

Q:【「肉腫=サルコーマ」患者団体3周年迎え大集会】*「若年層」特有の癌http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20120303-00000053-jnn-soci「忘れられたがん」と呼ばれる「肉腫」の認知度を高め、肉腫の患者や家族が希望を持って闘病できる社会を作ろうと発足した団体が3周年を迎え、患者大集会が開かれました。この団体は、肉腫の患者で、再発・転移のため、7年間で8度もの手術を経験してきた吉野ゆりえさんの呼びかけで設立されたものです。3周年を迎えた記念の大集会には、肉腫の患者や家族、専門医らなどおよそ200人が参加。肉腫患者として今できることは何かなどをテーマに活発な議論が繰り広げられました。肉腫=サルコーマは、骨や筋肉の組織にできるがんの総称で、患者はがん全体のわずか1~2%と言われる「希少がん」です。***************特に「骨肉腫」は【(4年の潜伏期間)甲状腺ガン(1万倍)⇒乳ガン⇒骨癌⇒白血病】http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1272113042①約4年間の潜伏期間~約5年目あたりから急変~②甲状腺ガン(平均発症率の約1万倍)←放射線ヨウ素③乳ガン(爆発的増加)←セシウム④骨腫瘍(骨癌)(爆発的増加)←プルトニウム★★⑤白血病(爆発的増加)←ストロンチウムでも記載しましたが、主としてプルトニウム〔副次的に:ストロンチウム〕の影響が懸念される病です。下記、参考資料によると「若年層」に比較的多い癌ですが今後、日本国内でも「肉腫=サルコーマ」が増えると思われますか?****~参考~<癌の種類~病理学的分類>A)『固まりにならない癌』:「白血病」(血液の癌)と「リンパ腫」(造血組織の癌)B)『固まりになる癌』〔固形腫瘍〕:Ⅰ「癌腫(カルシノーマ)」とⅡ「肉腫(サルコーマ)」A)【白血病とリンパ腫】一つ一つの癌細胞がバラバラのまま骨髄や血液の中で増殖し、やがて正常な血液細胞までも癌性の血液細胞へ変わり、体が機能しなくなります。B-Ⅰ)【癌腫(カルシノーマ)】体の表面を覆う細胞である上皮細胞にできる悪性腫瘍。胃癌、肺癌、大腸癌、乳癌、前立腺癌、甲状腺癌、皮膚癌など。甲状腺などの腺組織からできる癌は、「腺癌」と呼びます。若年層よりも高齢層に多い。B-Ⅱ)【肉腫(サルコーマ)】★★筋肉や結合組織を構成している中胚葉由来の細胞の悪性腫瘍。骨、軟骨、脂肪、筋肉、血管等、非上皮性細胞由来の結合組織細胞に発生する癌。高齢層よりも若年層に多い。
A:いつもながら医学知識にも精通してますね。お医者さんも癌をcancerと言ったりtumorと言ったりkrebsと言ったりcarcinoma、sarcomaいろんな種類があって大変だと思います。肉腫は分かりませんが筋肉の塊である子宮、子宮筋腫が増える可能性はどうでしょうか。悪性にばかり目をとらわれる人が多いですが良性腫瘍も視野に入れた方が良いかも知れません。集団をひとつの生命体と考えれば、種としての遺伝子を守るため一時不妊など生殖関係は放射線に弱くできてると思います。骨肉腫は膝、大腿骨、上腕骨といった好発部位がありますので、それ以外の部位での発生が増えれば放射線影響だと思います。

~密度の濃い人生を送るために、挑戦することを忘れない。~ 鳥越俊太郎×ケビン山崎 プレミアムトーク&ディナーショー 4月25日(水)開催 – CNET Japan

~密度の濃い人生を送るために、挑戦することを忘れない。~ 鳥越俊太郎×ケビン山崎 プレミアムトーク&ディナーショー 4月25日(水)開催
CNET Japan
私は2005年に大腸がんになってから、『これまでやったことがない何かに挑戦しよう』と、残りの人生-時間を考えるようになりました。 あるとき、高齢の母が何度も転倒、骨折、入院を繰り返し、認知症の症状まで出て来たのを目の当たりにし、私は『人間は足から老いる』と

and more »

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る