前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

がん治療 代替医療 柏市のマメ知識

2012.04.10

スポンサードリンク

こんにちは、今日はがん治療 代替医療 柏市についてです。

Q:町会役員の断り方について教えてください。2年の任期で青少年指導員をやっています。なり手がなく困っている、月一回の定例会があるだけとの事だったので、引き受けたのですが蓋を開けてみれば各種イベント(スポーツ系イベント多数)目白押しで、参加が必須だったりと体力的にかなりつらい2年でした。当時がん治療中の父の看護を母と交代でしながらでしたので、当然と言えば当然なのですが、結果的に無理がたたって腰椎椎間板ヘルニアを発症してしまいました。役員をやっていた事が全ての原因ではないですが、複合要因の一旦では有ると思っています。(イベント開催の為の器具・備品の運搬と設置(テントや運動用具など重量物)、長時間の起立など)で、本文なのですが、今年の3月で任期が切れ「この状態で長時間起立したり、走ったりすることが出来ないし、荷物の持ち運びを医師に止められているので、身体的にもう出来ません。もともと体力のある方ではないので継続は無理です。」といっているにも関わらず、継続してくれと言われて困っています。何度、事情を話して断っても聞き入れてくれません。青少年指導員の責任者(継続して指導員責任者をされる方です)の方はリアルタイムで事情ご存知ですし、現在の状況を説明して継続しない事をご理解・ご納得いただいていますが、当町会の町会長が聞き入れてくれず、非常に困っています。発症後全てのイベントに不参加で現在も足を引きずる事がある事を見ているにも関わらず。。。選出は町会長がする事になっているので、町会長が納得してくれないことにはどうにもなりません。このままでは、指導員の方々にも迷惑がかかってしまいます。なんとか理解してもらえる上手い断り方はないでしょうか?お知恵をお借りできましたら幸いです。
A:先の回答者様のお母様と同じく、診断書を病院で書いてもらわないと、言葉で説明してもわかってもらえないですよ。診断書の提出と同時に、青少年指導員の責任者のかたに一言添えてもらって、もう一度お断りしましょう。今まで以上に自分のことを犠牲にしてはいけません。

近畿初のがん治療機器導入へ 和歌山県立医大 – わかやま新報オンラインニュース

近畿初のがん治療機器導入へ 和歌山県立医大
わかやま新報オンラインニュース
がん診療体制を強化するため、県立医大(和歌山市紀三井寺)は本年度、がん細胞に集中的に放射線を当てて治療できる最先端の治療機器「トモセラピー」を導入する。大学病院では全国で2番目、近畿では初めて。同大の板倉徹理事長は6日の記者発表で「和歌山のがん死亡率は

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る