前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん 治療で生き延びる方法

2011.11.16

スポンサードリンク

前立腺がん 治療について調べてみました。

Q:前立腺がん62歳、男性会社員PSA6.6、生検実施、12針中1針ヒットスコア3+4=7CT、骨シンチ:転移なしどのような治療方法があるのでしょうか?再発の危険性も含めよろしくお願いします。
A:50歳代の前立腺癌患者です。私も発見時ほぼ同程度でした(PSAは7台、グリーソンスコアは4+3)。治療法としては、手術にするか放射線治療にするかという選択になると思います。前立腺癌の場合、放射線治療も手術と同程度の治療成績です。放射線治療にもいろいろありますが、グリーソンスコアが7ですので密封小線源治療は選択できないと思います。IMRT(強度変調式照射)による外照射が標準治療になるのではないでしょうか。私は放射線治療にしましたが、手術、放射線ともそれぞれ長所、短所がありますので、できれば放射線科のセカンドオピニオンを得て自分自身が納得して治療法を決めた方がいいと思います。5年生存率は90パーセント以上。再発率は10~20パーセントというところではないでしょうか。

がん治療の最前線学ぶ 広島 – 中国新聞


中国新聞
がん治療の最前線学ぶ 広島
中国新聞
子宮がんと乳がん、前立腺がんの最新事情を学ぶ県民公開講座が5日、広島市中区の広島国際会議場であった。専門医や闘病経験者の計3人が講演。約200人が予防法や治療法の知識を深めた。 がん研有明病院(東京)の滝沢憲婦人科部長は、子宮頸(けい)がんが20、30代で

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る