前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

tanko1213 大腸を調べました

2012.04.24

スポンサードリンク

こんにちは、今日はtanko1213 大腸についてです。

Q:ガンを告知された場合、まず、どんなことが知りたいですか?どんな情報が欲しいですか?またどんな情報が役立ちましたか?私は3年半前に4期大腸がんで手術しましたが、今は全く元気に普通に生活しています。http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/tanko1213告知を受けてショックではありましたが、その際、末期でも元気になった人の話は大変励みになりました。実際、ご本人やご家族が告知を受けられた際、どんな情報がありがたかった、またはこんな情報が欲しかったと言うことがあれば教えてください。下記の通り、知恵ノートにいろいろ書いていますが、皆様のアドバイスを参考にして編集していきたいと思いますので、宜しくお願いします。知恵ノート『大腸がん4期で元気な私の悪知恵ノート初級編』http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n3602実践編http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n4035
A:私の場合、癌を告知された時、「癌と向き合う」ということができませんでした。お医者さんに、「進行性の直腸癌です」と告知された時は、はっきり言って血便以外自覚症状などなく、体は元気だったので、このままま一生なんとなく過ごしていけるんだと漠然と思ってましたので、いろいろまだ検査していったら、余命何ヶ月とかなるのかと思い愕然としました。 未成年の息子もおりまして、まだ、自立とはほど遠いことを考え、私が逝った時この息子、夫、母のことを思いました。「癌について勉強する」ということなど、考えられない状態で、息子と母にどうやって私が癌になってしまった事を隠せるのか悩みました。 そんな私でしたが、たまたま知り合いに心療内科の先生がいて相談したところ、先生が癌についてとても詳しく癌について食事療法、運動療法、免疫を高める方法、保険でだす事ができる癌に効く漢方や一般的には胃薬として処方されるが実は癌の予防薬になるものなど紹介してもらい、癌をなおす為の本数冊をプレゼントしてくれ「これから検査が進むと外科の先生から厳しいことを言われるかもしれないけど、外科の先生は切ることは上手だけど、癌そのものについてあまり知らない。切った後の予防とかは、知らない先生が多い。あなたは、癌について、勉強をしなさい。勉強をしたひとはたとえ末期癌でも生きることができる。あきらめてはいけない。」と言われ、何かふっ切れました。 こんな風に、情報がほしいというより、情報が私にやってきたという感じでした。 参考にしている本 絶対にあきらめないガン治療30の可能性 伊丹仁朗著 癌と闘う医師のゲルソン療法 星野仁彦著 ガンが消える、予防する食事ノート 済陽高穂著 今はまだ手探り状態です。6月に手術してまだ4ヶ月で知りたいことはありますが、、tanko1213さんのステージ4で元気にしていらっしゃる様子をこの知恵袋上で拝見させて頂いて、私の方向も間違っていないと確信しています。あまり、回答になっていないですが、「人は100%必ずいつか逝く」だから、特別、癌を恐れず健康的な生活に改善されてラッキー、今癌になったから、今までの、生活を改めて考えることできたし、ダイエットもできておしゃれもできてラッキー、家族の絆も深まってラッキーと前向きに免疫力を高める方向に感謝の気持ちで生活しています。これは、tanko1213さんから教わったことです。これからも、tanko1213さんのノート、知恵袋注目して元気を頂きます。どうもありがとうございます。
がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る