前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

抗がん剤 副作用とフコイダインのことなら

2012.04.30

スポンサードリンク

抗がん剤 副作用とフコイダインのことがなんとなく気になりませんか?

Q:ちょいと今後の人生が詰んでしまいました!まず1・父親の紹介で板金屋のバイトをしています。学校を卒業しても続けるのなら免許を取りなさいと言われたのですが、自分の人生にはまったく必要無いんです(追々2で理由を書きます)2・現在祖母が子宮ガンの手術を終え、抗がん剤治療の段階に入ったのですがまだまだ先は長いです。定時制高校3年生なのですが免許を取らない訳は毎日祖母の面倒を見てあげなくてはならないのです。ばあちゃんは何事にも無理をしてしまうので授業を途中で抜けてきて面倒みたりと大変!当分運転免許は取らないと考えてるのですがここでどうして良いかまったく分かりませんばあちゃんは「20越しても大人になってもやりたいならいいじゃない!免許は必要になった時に取れば良いだけよ~」と言ってくれますが一方父は「続けるんなら免許取らんと・・・」と言われます・・・3・コネ入社(笑)なんで仕事をやめられませんし、出来れば続けていきたいです自分語りでごめんなさい
A:運転免許はあったほうが便利です。早めにとったほうがいいでしょうが、すぐにとらなくてもいいと思いますよ。

抗がん剤「HALAVEN(R)」 の中東欧地域におけるファーマスイス社との販売提携 – 日本経済新聞 (プレスリリース)

抗がん剤「HALAVEN(R)」 の中東欧地域におけるファーマスイス社との販売提携
日本経済新聞 (プレスリリース)
エーザイ株式会社(本社:東京、社長:内藤晴夫)は、英国子会社であるエーザイ・ヨーロッパ・リミテッドが、当社が創製・開発した抗がん剤「HALAVEN(R)」(一般名:エリブリン メシル酸塩)について、中東欧地域における販売提携契約をバリアント・ファーマスー
エーザイ、中東欧地域での抗がん剤「ハラヴェン」販売で提携モーニングスター

all 2 news articles »

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る