前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

乳がん ルミナルb 抗がん剤 抗癌剤についての関連情報

2012.05.04

スポンサードリンク

乳がん ルミナルb 抗がん剤 抗癌剤のことがなんとなく気になりませんか?

Q:月経調整のための中用量ピルについて質問です。私のことをまず話すと、5年以上前(20代半ばの頃)ですが、月経調整(遅らせる)のためのピルも、避妊のためのピル(4ヶ月間服用)も、どちらも服用した経験はあります。(昔のことで、種類や価格等まったく覚えていません。)現在の年齢は30代前半です。旅行での月経調整のために中用量ピルをもらいに産婦人科へ行く予定です。(もう排卵した後なので月経を遅らせることが前提です。)その前に少しでも知識を持っていようと色々調べてみましたが、いくつか疑問が出てきたので質問します。月経調整(遅らせる場合)には、月経開始予定日の5日前から中用量ピルの服用を開始し、生理を止めたい日まで服用を続ける。服用を止めた3日後くらいから生理開始する。【質問・1】中用量ピルの種類を調べるとけっこうたくさんあったのですが、月経調整のために処方されるピルでよく処方される一般的な種類などはあるのでしょうか?(処方する医師によって種類はまったく異なるのかどうか)また種類によって効果の違いはありますか?【質問・2】旅行での月経調整の場合、問診だけで処方してくれると聞いたのですが、患者が希望すれば問診だけで処方してもらえるものなのでしょうか?病院によって強制的に血液検査や体内(膣内?)の検査をされたり、20代の頃とは違い30代であることから、血液検査や乳がん検診などを強要される場合もあるでしょうか?【質問・3】ピルには保険が適用されないと聞きました。種類も様々ですが、同じ中用量ピルで価格はどれぐらい違いますか?例:服用期間が10日間の場合(10錠)の価格等(処方する病院によって違うと思いますが、参考までに教えて下さい)一番聞きたいこと(不安なこと)は、ピルの価格です。保険がきかず病院によって価格も違うと思うし、患者から質問しないかぎり、診察料や薬代は支払いの時まで一切提示がありませんよね。支払いの時に「高いのでやっぱりやめます」とは言えないし。実際に、薬を処方されて「こんなに高かったけどこれ普通ですか?」という質問も見つけたので少々心配になりました。たくさん質問してしまいましたが、ひとつでも回答していただけるとありがたいです。参考までに実際処方された方や医師の方からの意見もお伺いしたいです。宜しくお願いします。
A:①プラノバールが処方されることが多いですが他の中用量ピルでも効果は同じと考えて下さい②病院の方針しだいです生理日調整に限らず、日本のガイドラインでピル処方時に必要なのは、医師の問診、血圧測定、体重測定の3つだけです見た目太り過ぎてなければ簡単な問診のみで処方する医師もいますが、様々な検査しないと処方しない病院もありますあらかじめ電話で確認して下さい③病院によりかなり差があり、3000円位が相場ですが、数百円で済む病院や5000円以上かかる病院もありますやはり、あらかじめ電話で費用を確認してから受診して下さい補足の認識は間違いです低用量ピルでも保険適用のピルはありますよ低用量ピル、中用量ピルは関係なしに、生理日調整目的での処方は保険適用外ですただ、病院によっては保険適用扱いで処方してくれるとこもあるようですが、保険適用でも費用に大差はないですよ

手遅れになる前に知っておきたい「乳がん」セルフチェック – マイナビニュース

手遅れになる前に知っておきたい「乳がん」セルフチェック
マイナビニュース
乳がんには毎年約4万人の女性が罹患しているため、日本人女性の5%が生涯で一度は乳がんにかかることになります。乳癌のリスクは20歳代前半から増えはじめるので、あなたも無関係ではありません。 しかしこの乳がんは、自分で見つけることのできる癌でもあります。

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る