前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

食道がん 治療 入院2ヶ月とは

2012.05.07

スポンサードリンク

食道がん 治療 入院2ヶ月がちょっと気になっています。

Q:逆流性食道炎と胃がんや食道がんは何か結びつきや関係があるのでしょうか?
A:食道粘膜は胃酸に耐えられないようになっています。ですから持続的に食道粘膜にダメージが加わり続けることになるんです。その結果、損傷粘膜部位がバレット食道といわれる変化を起こします。これが前癌病変ですね。本来の食道は扁平上皮ですけど、それが胃粘膜に似た円柱上皮に置き換わる減少です。病理学的には化生と呼びます。食道に限らず胃でも化生があると癌化することは知られています。胃癌に関しては結びつきはありません。ピロリ菌のないところに胃癌無しといわれるくらいですから。胃癌に関してはほとんどピロリ菌が犯人ですね。

血管の病気 心房中隔欠損症:5 階段もすいすいと歩ける – 朝日新聞

血管の病気 心房中隔欠損症:5 階段もすいすいと歩ける
朝日新聞
入院は4泊5日ほど。不安が一つずつ解消された。 検査の結果、治療の対象になることも分かった。「先生に任せよう」。その場で日程を決め、3月半ばに入院した。 治療は全身麻酔で、X線と、食道に入れた器具からの超音波画像を見ながら進められた。

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る