前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

病理 早期大腸癌 開腹の特徴を3つほどあげてみる

2012.05.29

スポンサードリンク

病理 早期大腸癌 開腹について調べてみました。

Q:母が来月葉状腫瘍で手術することになりました。母は60歳で腫瘍は陽性で10cm弱です。私が今心配していることは手術まで約一ヶ月ありその間に腫瘍がさらに大きくなってしまうのではないか、、、ということと。手術後に病理検査をし、さらに陽性か悪性か判断するのでしょうか?もし悪性だった場合はすぐにまた手術をしなくてはならないのでしょうか?手術後どのような出来事が起こるか教えてください。先生ご回答どうぞよろしくお願い致します。
A:陽性は病理学的には悪性という意味で使われます。陽性ではなく良性ということではないでしょうか?葉状腫瘍は、急激におおきくなるものもあります。お母さんの場合、10cmになるまで気付いてからどのくらい時間がたっているでしょうか?急激に大きくなるのであれば、1か月を待たずに手術すべきでしょうが、そのようなことは主治医も十分承知していることと思います。良性と術前に予想していても、手術をして病理検査をしたら悪性ということは10cmの葉状腫瘍であれば十分考えられます。悪性であり、取り切れていないということであれば追加切除、あるいは全摘するという選択肢もゼロではありません。そのあたりは主治医とよく相談してください。文面だけでは、この程度しか言えません。

帝京大学が6月30日に心理臨床センター公開講座「心の健康と病理―対象喪失と悲しむということ」を開催 – 大学プレスセンター

帝京大学が6月30日に心理臨床センター公開講座「心の健康と病理―対象喪失と悲しむということ」を開催
大学プレスセンター
帝京大学は6月30日(土)、八王子キャンパスにて平成24年度心理臨床センター公開講座「心の健康と病理―対象喪失と悲しむということ」を開催する。参加費無料。講座終了後に、希望者を対象とした同センターの見学も予定している。 帝京大学心理臨床センターは、臨床心理学

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る