前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

痛み止め 注射 癌の新着クチコミ

2012.05.30

スポンサードリンク

痛み止め 注射 癌について調べてみました。

Q:卵管造影検査前の注射について1週間後、痛いとウワサされている卵管造影の検査を初めて受けます。痛いのがかなり不安な私は、予約の電話で痛み止めがもらえるか2回も聞いたところ、『検査前か検査後に抗生物質を処方しますので・・・』と言われました。個人的には検査後ではなく、検査時の痛みが非常に不安なのですが・・・検査の流れを聞いたところ、検査の30分前にお腹の動きを抑える注射を打つそうです。これは痛み止めの効果もあるんでしょうか?おそらく、注射の痛みは耐えられると思います。余談ですが、数ヶ月前には子宮体癌検診を初めて受けました。器具を入れてる時は痛くもかゆくもありませんでしたが、内膜をひねり取る時に、生理痛をいきなり強くしたような痛みがやってきて、軽く吐き気のようなものがこみ上げてきました。声には出しませんでしたが、どうしようと思う痛さがあり、でも検査後はすぐに立って歩く事ができました。これより痛みがひどくなければいいのですが・・・2年前はチョコレートのう胞で腹腔鏡の手術を受けてます。きつい痛みは、麻酔が覚めた時にひどい生理痛のようなぐわーっとくる痛みがあったくらいです。この時は子宮内膜症にもかかわらず、卵管は通ってますと言われました。今回も通っていて、痛みが少ない事を願うばかりです。ついでに、ちょっとでも気が楽になるお言葉をもらえると嬉しいです。
A:はじめまして。卵管造影検査怖いですよね。私も1年前に受けました。怖くて怖くてネットで調べまくりました。お腹の動きを止める注射は痛みどめではないと思います。MRIの時に打ちましたが筋肉注射だと思います。私の病院では痛みどめの座薬をもらい自分で入れました。病院に問い合わせたらもらえるかもしれませんよ。私は気休め程度にしかならないですが自宅ででバファリンを飲んでから行きました。検査は痛くありませんでした。造影剤を入れるとき生理痛のような感じはありますが、じわじわくるのでびっくりすることもないですし、造影剤が入ってくるまで1分くらいのの出来事です。一瞬で終わりますよ。きっと大丈夫です。頑張ってください。

日本子宮内膜症啓発会議が発足、270万人の疾患女性のうちわずか50万人程度しか受診しない現状打破へ – マイライフ手帳@ニュース

日本子宮内膜症啓発会議が発足、270万人の疾患女性のうちわずか50万人程度しか受診しない現状打破へ
マイライフ手帳@ニュース
「この病気の重大性は見逃されやすく、月経痛や疼痛から不妊、ひいてはがん化するなど女性のQOLを下げることにつながる」と、子宮内膜症はがんなど生命を脅かす危険性もある病気であると説く。「この病気は、発生面などが未だに謎の疾患でもある。

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る