前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

乳癌 ルミナールbの成功?

2012.06.02

スポンサードリンク

乳癌 ルミナールbのことがなんとなく気になりませんか?

Q:術前のセンチネルリンパ節生検で、転移1(1/2)あり。現在、術前化学療法中。抗がん剤(FEC+T)終了後に乳房温存で手術予定ですが、リンパ節を郭清しないという選択はありますか?・病期がT1~T2で乳房温存療法、全乳房照射、術後補助療法が適用される早期乳癌患者については、センチネルリンパ節生検で転移陽性リンパ節が2個以下ならリンパ節郭清は不要であること、生存期間短縮なしにQOL向上が望めることが示された、という記事を見ました。私の場合、条件には合致しますが、すでにセンチネルリンパ節生検をして、術後ではなく術前に抗がん剤治療をしていること、センチネルリンパ節生検から半年以上を経ての手術になります。条件としては同じと考えていいのでしょうか。また、センチネルリンパ節生検は1回のみとのこと。手術の際には、あやしいリンパだけを郭清することはできないのでしょうか。1次郭清、2次郭清などと聞きますが、どのレベルになるでしょうか。腫瘍2.5㎝、ホルモン2種反応>80%、がんの顔つきグレード2、Ki67>30%。ルミナールBかと思われます。たくさん質問しすぎかもしれませんが、なにか情報があれば教えてください。
A:乳腺外科医です。よく勉強されてますね。感心します。たしかにルミナールB>Aでしょう。普通は郭清しますね。でもリンパ節郭清が生命予後に関係しないと言う考え方に私も賛同します。ただ時期尚早でしょうね。エビデンスがまだあまりない。治療前のCTやMRIではリンパ節転移を疑わせる所見はありましたか?センチネルリンパ節で転移が判明したその転移巣の大きさは何mmでしたか?抗がん剤治療後の腫瘍の大きさはどれぐらい小さくなりましたか?CR?PR?NC?PD?という結果は聞きましたか?郭清しなくてもいいと思われる条件を私なりに提示します。治療前の画像でリンパ節転移は疑われなかった。リンパ節の転移巣が小さい5mm以下。CRまたはPRである。という場合はまずリンパ節転移が残存はしていないと思います。またもう一つの選択肢として手術は乳房だけを切除する。術後病理検査で、リンパ管侵襲(ly)を評価してリンパ管侵襲なし(ly0〜1)なら郭清をしない。ly2以上なら郭清する。と言う2段階手術を選ぶのも考えられる方法だと思います。

乳癌未必來自遺傳 – 世界日報

乳癌未必來自遺傳
世界日報
華僑商務交流協會會長冉淑綺(前排右)及會員,與杭廷頓醫院癌症服務部主任庫溫(前排中)宣布,將邀請醫師沈寶齡(前排左)主講「乳癌預防及乳房保健」。(記者王善言/攝影) 杭廷頓醫院(Huntington Hospital)癌症中心乳房手術主任沈寶齡31日指出,美國每八名婦女就有

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る