前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

鳥越俊太郎 がん治療の相談

2012.06.11

スポンサードリンク

鳥越俊太郎 がん治療のことがなんとなく気になりませんか?

Q:小沢裁判は小沢つぶしの世論誘導??よくそう云う陰謀論を言って批判する人がいますが、自民党政権時代、安倍さんや麻生さんに対してはもっと物凄いネガティブキャンペーンがはられていたと思いますがそのころも江川紹子や鳥越俊太郎あたりは同じようにマスコミの危険性を批判していましたか?
A:元々、陸山会事件の発覚は2006年週刊誌のスクープでしたよね。小沢さんは名誉毀損だと訴えを起こしましたが、記事の内容は事実だとして敗訴しています。控訴もしていません。それを受けて市民団体が2009年に小沢さんを訴えました。そこまでは少なくとも自然な流れだと思います。あなた達がそこまで素晴らしい人物だとするなら、今までのどこかのタイミングで総理になっていてもおかしくないと思いますが。アメリカにそこまで恐れられ、日本の自立、再生に欠かせない人物を潰そうとしているとしたら、日本はもうどうしようもないくらい腐った国だということですね。つまり国民もどうしようもないということですかね。ちなみにアメリカがそこまで小沢さんを排除したがる理由は何ですか?米軍経費削除なら小沢さんだけじゃなく色んな政治家が主張していますし、今に始まった議論じゃありません。TPPにしても、小沢さんの真意は分かっていないし、仮に明確に反対だとしても、それで日本の方針が決定されるとでも思っているのですか?自分は小沢さんのことを好きも嫌いもなく、政治家として過去の経緯をみた結果、信頼出来ない政治家だという印象を持っています。自分の居場所が無くなると新党を結成し、そこでもまた居場所がなくなり更に新党。一度なら分かりますけどね。結局、総理になるほどの人望もリーダーシップもないということの表れだと思います。皆さんは一体小沢さんのどんな所を信頼し何を期待しているのですか?それと、さっき無罪判決が出ましたね。まあ妥当な判決ですね。怪しいのは間違いないですが、この類いの政治資金規制法違反をしている議員は他にもいますからね。金額がかなり大きかったですけど。

ニュースの匠:検察官の虚偽報告書=鳥越俊太郎 – 毎日新聞

ニュースの匠:検察官の虚偽報告書=鳥越俊太郎
毎日新聞
皆さんは「検察官適格審査会」という組織のことを知っていますか? 大半の人が知らないと思いますが、これは検察庁法第23条の規定で設置されており、検察官の罷免や適格の審査を行うことになっています。 現在は大阪地検特捜部の前田恒彦元主任検事が証拠(フロッピー

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る