前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

免疫療法 すい臓癌の3つのポイント

2012.06.29

スポンサードリンク

免疫療法 すい臓癌がちょっと気になっています。

Q:すい臓がんの免疫療法についてうかがいたいのですが…同級生がすい臓がんになり付き合ってと言われ紹介状をもって軽い気持ちで有名な癌センタ-へ行きました又いろいろ検査をされそこで先生から衝撃的な事実を告げられてしまいました 手術は不可能余命は1年ですと…あまりにも自分がすい臓癌について無知だったことを思い知らされもちろん当の本人も愕然としていました。ただその子はとても前向きな子で絶対死ぬものか!と全てを受け入れ頑張る覚悟を私に告げてくれました告知から何日かしてうまく行けば免疫療法が受けられるかもしれないというのですそれが受けられれば完治も夢ではない!と言っています 確かに調べて見ると癌がなくなったとか映像付で出ていましたまだ認知されていない療法だとも聞きましたがとても不安です。本人が前向きになっているのはとても良い事だと思いますがその子には年老いた母が一人でいます本人はまだ母には病気の事を詳しくは言ってないようですが私はその子のお母様に全てを話してくれと頼まれていますもし免疫療法でよい結果が出ればお母様には伝えなくては良いと思いますが奇跡に近い希望なら話すべきなのではと悩んでいます。免疫療法を受けられた方あるいはそのご家族の方お詳しい方がいらっしゃいましたらどうかお知恵をお貸しくださいちなみに年齢は45歳です去年胆石をとりました 免疫療法は運がよければ全額病院の負担で出来ると言っていました
A:すい臓がんは無症状である事が多いため、発見率は低く「暗黒の臓器」と言われています。そのため発見された時は手遅れになる事が多い臓器です。ご友人は余命1年と書かれていますが、時間があるほうです。中には抗がん剤などで体力が少なくなった状態で受けられる方も見えます。免疫療法ですが、これは体の全ての免疫機能を高め病気を改善する方法です。どちらかと言えば考え方は東洋医学に近い物があります。欠点は人によって差が出ること、すぐには効果がでない等があります。しかし、少しづつではあるが効果が必ずあること(人によっては過大な効果が得られる人もいます)、どんな病気であっても治療が出来る利点があります。奇跡に近い数値では無いと思います。

免疫療法薬の完全ヒト型抗PD-1抗体,NSCLCなどに有望 – Medical Tribune (登録)

免疫療法薬の完全ヒト型抗PD-1抗体,NSCLCなどに有望
Medical Tribune (登録)
がん治療において,腫瘍免疫に働きかける治療法が以前から期待されているが,免疫機能の複雑さにより開発は容易ではない。第48回米国臨床腫瘍学会年次学術集会(2012 ASCO;6月1~5日,シカゴ)において,免疫療法薬である完全ヒト型抗PD-1抗体(BMS-936558)

and more »

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る