前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

免疫療法の3つのポイント

2012.07.01

スポンサードリンク

免疫療法がちょっと気になっています。

Q:終末期の事例で・・・キューブラー・ロスの定義を使って自分の考えを書いてください。(他の人の意見も参考にしたいのでお願いします)Aさん 68歳女性・無職診断名:肺がん(第④期)家族構成:夫とは7年前に死別し、現在は一人暮らし子供は2人で長男、次男ともそれぞれ独立した家族をもっている。次男の家族と患者の家はごく近所である。2人姉妹の妹。入院までの・・1999年10月右鎖骨上窩にリンパ節腫大があることに気づき、S病院を受診した、精密の結果、肺がんと診断され同時に肝臓への転移も明らかになった。家族の意思のもと本人にも下記の通り告知し、受け止めている。体調の良いときは出来るだけ自宅で過ごしたいという希望があり、12月に退院し退院後S病院に通院しながら免疫療法を行なっていた。2000年3月頃より声の出にくさを自覚するようになり、4月頃より労作時の呼吸困難も出現した。在宅酸素を導入して、自宅療養を続けていたが夜間の咳嗽が増強した。安楽時も呼吸困難を自覚するようになり起坐位ですことが多くなった。S病院に再入院し、胸部X線、CT検査を行なったところ胸膜浸潤による両側胸水の貯留が認められ、胸水を1,000ml抜いた。本人は病気になる前からホスピスについて理解しており、本人の強い希望でS病院から当院ホスピスに転院となった。入院後・・・Aさんの入院時の苦痛は、咳嗽と呼吸困難、排痰困難であり不安感をもっていた。鼻カニューレで酸素を毎分5L投与し、酸素含有量は90%前半であった。内服約とした、塩酸モルヒネ水、セパゾン、ラシックス、テオドール、ムコダイン、リスミーが投与されていた。入院時のADLは起坐位が一番楽であるため、オー場―テーブルに肘をついて背を丸くしている状態で過ごしていた。食事摂取や内服はセッティングすれば自分で行なえていた。会話時も呼吸が速拍となり、長時間の会話は困難であったが自分の希望は話すことができていた。排泄はベットサイドにポータブルトイレを設置して介助で移動していた。移動時は息切れがあり、休みながらゆっくり行なっていた。排便は3日に一回で性状はやや硬めであった。口渇があり、熱があることが多くクーラーと扇風機を使用していた
A:キューブラー・ロスの定義でいうところの一番最後の「死への受容」の状態でしょう。病気になる前からホスピスを理解しているし、現段階での病状・予後・余命も理解している。ホスピスに入院希望しているし、ホスピス入院後は心の状態も安定していますから、現段階でのキューブラー・ロスの定義にあわせたらこのようになるでしょう。

ブリストルの免疫療法薬、複数のがんで腫瘍を縮小=第1相試験 – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

ブリストルの免疫療法薬、複数のがんで腫瘍を縮小=第1相試験
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版は、毎日200本ある米国版の記事から厳選した情報を、日本の編集チームが翻訳・編集。これまで英語でしか読むことができなかった分析記事や鋭い論説を日本語で、リアルタイムにお届けします。

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る