前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

プロポリス 副作用 がんの最新レビュー

2012.07.10

スポンサードリンク

プロポリス 副作用 がんのことがなんとなく気になりませんか?

Q:肝臓転移の治療について・・父が、今春 大腸癌の手術をしましたが その後 肝臓に転移が判明。腹膜播種もありステージⅣです。先月のCT検査では新たに、大腸に再発が見られましたが 肝臓をはじめ転移した癌と腹膜播種の手術不可との事で、抗がん剤治療してましたが、効果がみらない上副作用が激しく3クール目で中止。ネットで調べて プロポリスやアガリスク等 高額健康食品を購入!温熱療法もしましたが 全て効果がでてません。そんな中 手術不可と医師から見放された患者にも転移した肝臓を治療して頂ける病院を見つけたので問い合わせてみますが 大腸癌の手術したのが、4月1ですので もう遅いでしょうか?それと 肝転移癌は カテーテル等の中、放射線治療等は対象外ですか?それと 先日、 腹膜播種の名医をテレビで拝見しまして 連絡し(米村豊医師) 受診予定ですが、こちらも遅いですか?又 腹膜はしゅの手術は大変難しいでしょうか?諦めかけていた中 一筋の光が見えてきましたが、どちらかの治療を受けた方や詳しいお話しをご存知の方教えていただきたいのですが・・実際 手術を引き受けて頂けるかはわかりませんがご回答宜しくお願い致します。
A:お父様の事でご心配でしょう。お察しします。しかし、知恵袋を含めインターネットは所詮、インターネットです。ここでの情報を「うのみ」にすることは危険です。なかなか一般の方にネットの情報の正誤は判断できないでしょう。ネット情報は上手に取捨選択することが肝心です。あなたの2011/8/9の質疑応答を拝見しましたが、ネットの医療相談で最も心配していることになってしまっています。もちろん、どんな治療を受けるかは、患者さん次第です。自分の好きな治療を受けて、その結果を甘受することは、それはそれで人生。結果が良かろうが悪かろうがその人の命です。しかし、キチンとした治療があるにも関わらず、くだらない健康食品に走って結果が悪かったら、誰を恨めば良いのでしょう?Yahooを訴えますか?(Yahooは恐らく「免責事項」として、先手は打っているでしょう。)それとも、先日の回答者を訴えますか?ネット情報を信用した御自身を責めますか?そもそも、お父様が治療を受けている病院、担当医は大腸癌や肝転移に対する治療に慣れた病院なのでしょうか?お話しを聞くにつけ、今ひとつ頼りないような気がします。もちろん、あなたからだけの一方的な情報ですから判断しにくい点はあります。それにしても、ネットより何より、やはり臨床現場で実際に同じ病気の治療に当たっている専門家に相談するのが最も適切な方針です。残念ながらこの知恵袋にそういう人材はあまり多くありません。さて、他の臓器に転移を伴った大腸癌の治療は手術+抗癌剤(化学療法)ということになりますが、化学療法は1種類だけで断念したのでしょうか?現在大腸癌に対する抗癌剤は有望な組み合わせだけでも6種類以上あります。せっかく治療の手立てがあるのに、1種類でやめてしまったのだとすれば、誠にもったいないことです。抗癌剤に副作用はどうしても付きものですが、副作用をうまくコントロールしながら、効果を上げている人は大勢おられます。お父様の年齢やPS(performance status パフォーマンス・ステイタス)が不明ですので各種治療が可能かどうか判断しきれませんが・・・大腸癌(切除後)肝転移腹膜播種S状結腸再発(原発?播種からの浸潤?)という状況なのですね。その状況であれば、一般的には抗癌剤の全身投与をメインに、肝動注化学療法、腸閉塞の懸念があるのなら手術も考慮。と言ったところが、考えられる治療手段です。どこかに「夢の治療」があるという幻想を抱くこと、わけの分からぬ健康食品に大金を払うことだけはくれぐれも慎重に判断して下さい。西日本にお住まいですか?私の勤務先の病院でも、かなり進行した大腸癌の患者さんを多く治療しています。もしセカンドオピニオンをお求めなら相談に乗ります。(ブログのゲストブックに「内緒」にチェックしてコメントして下さいhttp://blogs.yahoo.co.jp/surgeon2000/MYBLOG/guest.html)————これだけ説明しても、まだ健康食品を勧める方がいると言うのは驚きです。健康食品の宣伝者というのは、一種の「宗教者」ですね。screw_1207さんは良心に基づいてお勧めしているのでしょうが、残念ながらその内容たるや、お父様の状況にはマッチしません。紹介されているサイトの内容も、新しいものでも10年前、古いものは20年以上前の論文です。他に治療法が無かった時代のものとしか言いようがありません。しかも、「胃癌」が中心です。癌にも、癌の状況にも色々あって、どこかの誰かの癌が治ったからと言ってその人と同じ治療が誰にでも通用するわけではありません。質問者さんも充分に経験済みだと思いますが、健康食品というのはその程度のものです。もちろん、経験の少ない、専門知識のない医者の判断も健康食品と大差は有りませんが・・・。質問者さんの賢明な判断を期待します。是非、セカンドオピニオンをお急ぎになって下さいね。

サプリをうまく活用しよう!「サプリメントの知識と飲み方」-加齢臭ドットコムショップ – Dream News (プレスリリース)

サプリをうまく活用しよう!「サプリメントの知識と飲み方」-加齢臭ドットコムショップ
Dream News (プレスリリース)
利用する際は副作用の有無などしっかりと把握し、医師と相談もしておくとよいでしょう。 ウコン・イチョウ葉エキス・マカなど カテキン・青汁・クロレラ・ローヤルゼリー・プロポリスなど. ●サプリメントの活用術 「全然効果がなかった…」「続かなかった…」という経験をされた方もいるかとおもいます。 現在は数多くの種類の

and more »

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る