前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

pet suv 鎖骨上って知ってます?

2012.07.19

スポンサードリンク

pet suv 鎖骨上のことがなんとなく気になりませんか?

Q:乳がん術前化学療法後の治療についてtatemizo21先生、昨年はとてもご丁寧な回答をありがとうございました。40才出産歴あり、昨年乳がんステージ3cの診断を受けました。針生検時、核異型度は3だろうと聞いております。———————————————————ER(+++ 95%)PgR(- 0%)HER2/neu(+ score2)(遺伝子検査でHER2蛋白は陰性でしたとのこと)○PET-CT 所見①左乳癌約1.7cmSUV 8.23②多発性リンパ節転移左鎖骨上窩(2ヵ所)SUV 3.38左腋下(2ヵ所)SUV 上4.76 下5.19③肝転移、骨転移はなし④吸収補正用CTでは肺転移はなし—————————————————–診断後、FEC3週間毎×4回、ドセタキセル3週間毎×4回の術前化学療法をしました。抗癌剤後のMRI・マンモ・エコーの結果、腫瘍はだいぶ小さくなったが、乳房・腋窩・鎖骨上窩ともに画像上腫瘍が見られるとのことでした。主治医の先生は温存手術で大丈夫だが、術後の形にこだわらないのであれば温存+乳頭切除した方がなお良いかもとの事です。リンパ節は鎖骨上窩以外全て郭清すると聞きました。私は乳房全摘するつもりでおりましたので、少しでも生存率を上げられるなら全摘にしたいと思っております。また、生存率に全く差がないならば追加手術のリスクがあっても温存+乳頭切除にしたいとも思います。次回の診察時に温存か全摘かの希望を申す事になっているのですが、まだ迷っております。tatemizo21先生、今回も教えていただけませんでしょうか?①温存することによって局所再発した場合、1年ごとの検診でも遠隔転移しない ような 早期に発見できるものでしょうか?②鎖骨上窩のリンパ節を手術しないのに、全摘にこだわる必要はないでしょうか?③全身に癌が散っているとして抗癌剤で腫瘍が完全に消失しない場合、 今後の手術・放射線・ホルモン療法で完治させることは難しいのでしょうか?④tatemizo21先生の過去の回答で 「ホルモン感受性があって、リンパ節転移が たくさんあって、 核異型度が高いという条件がそろった場合に限って治療に難渋 する癌であるといえます。」 とありましたが、この条件だと完治は相当厳しいので しょうか?⑤子供が小さいため、治療が辛くても少しでも長生きしたいです。 標準より過剰な治療法であっても主治医の先生にお願いして何かできる治療は ありませんでしょうか?お手数をお掛けいたしますが、どうかよろしくお願いいたします。
A:ルミナールBでリンパ節転移が著明な場合、いわゆるリンパ管侵襲が3ということがありえます。ly3というふうに病理所見に記載されます。これは術前の針生検では判定できません。術前抗がん剤をしてあまりリンパ節に効果がない場合は、ly3の可能性が出てきます。ly3であれば全摘がいいと私は思います。ただしこの考えは、乳癌学会が発行する乳癌治療ガイドラインには記載されていません。あなたの場合、全摘して胸壁、鎖骨上に放射線治療をするということがいいのではないかと文面から判断しました。その後きちんと5年間ホルモン療法は必要です。ただし、あくまで文面からの判断です。細かなことはやはり主治医とよく相談してください。お大事に

東レ、生物由来のPET原料を米社から調達 – MSN産経ニュース

東レ、生物由来のPET原料を米社から調達
MSN産経ニュース
東レは27日、トウモロコシを原料としたバイオ由来のパラキシレンについて、米バイオ燃料大手のジーヴォ(コロラド州)から一定量を引き取る契約を結んだと発表した。パラ…
東レ、生物由来のPET原料調達 石油依存せず量産へSankeiBiz

all 6 news articles »

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る