前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

牛蒡子のマメ知識

2012.07.22

スポンサードリンク

こんにちは、今日は牛蒡子についてです。

Q:授乳中です。乳腺炎・つまりを繰り返しているので、牛蒡子を試してみようと思います。乳腺を広げ、母乳が出やすく、作られやすくなるとかいてありましたが、どちらかというとたまり乳なのですが、常用しないほうがいいですか?よけいにお乳が作られてしまい、よくないですか?ドイツのマリエン薬局?のハーブティも同じようなことが書いてありましたが、母乳過多で試されたことのある方いらっしゃいますか?あと、さし乳の方って、2・3時間またはそれ以上授乳があいても全くおっぱいが張らないのでしょうか?ご存知の方、お願いします。
A:毎日ゴボウシ飲んでいます。さし乳とかたまり乳とかは、よくわからないんですが、すみません。私の友人で、妊娠前から母乳の出るホルモンが異常に多く、授乳後もお乳がすぐ張って、夜中は絞ったりしている子がいたんですけど、毎日飲んでいると言っていました。私は一度乳腺炎がひどくなった時から、止めたらまたなりそうな気がして、それなら、と思い飲んでいます。すぐなくなるので、先日薬局に買いに行ったら、二箇所ともなく、入るかわからないと言われ…なくなったらどうしよう?と思っているくらいです。お手元にあれば良いですが…。

学校再開へ生徒も“汗” 県北西部豪雨 – 大分合同新聞


大分合同新聞
学校再開へ生徒も“汗” 県北西部豪雨
大分合同新聞
授業前の全校集会で中島校長が「自宅が水に漬かったり、教科書が流されてしまった子もいるが、みんなが元気でいることが地域を元気にするんですよ」と語り掛けた。 伊原駿介君(9)=4年=は「校舎やグラウンドに泥やごみが残っていてびっくりした」、児童会長の坂田桃歌

and more »

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る