前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

80歳 抗がん剤の最新人気

2012.07.30

スポンサードリンク

80歳 抗がん剤がちょっと気になっています。

Q:義母(80歳)が癌で毎月定期的に抗がん剤治療で入院しています。義父は85歳で体は元気ですが、片足義足なので、先々の心配もあります。旦那は一人っ子なので、私たちがみなくてはいけないのですが、同居は義理の両親が気を使って断っているようです。ですが、どちらか片方が亡くなったら、癌の母親でも一人にはしておけないし、あと何年歩けるか分からない義父を一人にしておく事も、可哀想な気がします。何か良い案はないでしょうか?同居も嫌なのかもしれないので、説得する気はありませんが、私たちに世話になるまいと、頑張っている様子も辛いです。数年後、どうなっているかをシュミレーションしては先が見えなくて不安になってしまいます。義母や義父に安心してもらいたくても、同居が嫌なら叶わないし…。どうすれば良いのか困ってます。よろしくお願いします
A:今のうちにご夫婦で入居できる施設をお探しになってはいかがでしょうか?うちは、末っ子長男で義父は要介護、義母は要支援という70代半ばまで二人でなんとか・・・義父が亡くなった後、義母を引き取り同居しました。お二人でいるうちはともかく、お一人になられると不安も大きくなるので、「同居」にも抵抗感が少なくなってるかもしれませんよ。提案としては、今のうちから、二人で入居できる施設に入居する。お一人になったら、同居を提案する。っていうか、説得する気も無いとおっしゃらず説得試みてはいかがですか?

五輪スポンサーめぐり企業PRも激戦 – 毎日放送

五輪スポンサーめぐり企業PRも激戦
毎日放送
オリンピックムードが高まっているんですが、このメーカー、公式のスポンサーではありません」(記者) ロンドンオリンピックで、 獲得には1億ドル=およそ80億円が必要ともいわれます。そのため、公式 大阪で学会 抗がん剤の最新治療を話し合う[07/26 19:15] · 「二度と見に

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る