前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

腸閉塞 膵臓癌の新着クチコミ

2012.08.04

スポンサードリンク

腸閉塞 膵臓癌がちょっと気になっています。

Q:オキシコンチン錠について。私は癌による激痛を抑止するために医療用麻薬である、『オキシコンチン錠5mg』と『オキノーム散1g』を服用しています。5日ほど前までは、『ペンタジン錠25mg』を1日2回、1回1錠を服用していましたが、痛みがほとんど取れないため、主治医に申し出て、医療用麻薬の使用に切り替えてもらいました。医療用麻薬の服用開始と言うことで、まずはオキシコンチン錠5mgを日に2回、12時間の間隔を厳守するということで服用しましたが、効果は期待したほどではなく、服用後3時間も経つと元の激痛が出て来てしまうので、昨日、その旨を申し出たところ、オキシコンチン錠5mgを日に3回、倍量のオキノーム散1gを処方されました。私は膵臓癌、胆嚢癌を患っており、胆管の閉塞により胆道管ドレナージ術を受けながらも、社会生活を営んでおります。一昨年に腸閉塞を患い、開腹手術の際に胆嚢癌が発見されました。以来、徐々に痛みが増し、今月に入ってからと言うもの、夜間は一睡も出来ません。昼となく夜となく、みぞおち周辺と下腹部に周期的な激痛があります。さて、現在服用しているオキシコンチン錠には種類が有るのでしょうか。たとえ短時間でも、完全に痛みが止められる内服薬は無いのでしょうか。また、オキノーム散は服用に制限は無いのでしょうか。医療従事者等、専門知識を有する方からのご回答を期待しております。また、同様の治療を受けておられる方々からのご意見、アドヴァイスもお待ちしております。
A:質問に対してですが、オキシコドン(オキシコンチン)では、第二段階弱オピオイド鎮痛薬として、効果に時間を要す徐放性のものと、レスキューとして用いるオキシコドン速攻性(オキノ-ム)のみです。ですが、オピオイドは、種類が豊富で、まだまだ、いくらでも痛みをとる方法はあります。今のあなたは、第二段階。徐々にアップも可能です。当人に合った個別的な量を投与します。適切な量は、鎮痛効果と、副作用とのバランスが最も良い量であり、「標準投与量」「投与量の上限」があるわけではありません。(WHO)まずは、3段階除痛ラダ-に沿って、非オピオイド系鎮痛薬(アセトアミノフェンかNSAIDs)をまず投与していることが前提であります。例えば、カロナ―ル、ロキソニン、ボルタレン等…基本経口ですが、ロピオンという白い注射(50cc程で希釈)もあります。次にオピオイドがきます。8時間もしくは12時間毎に、規則的に内服します。これは食事状況には関係しません。そして、次にレスキューをもってきます。速攻性モルヒネ一回量(オプソ)、オキシコドン速攻性(オキノ-ム)、注射では、モルヒネ注、フェンタニル等…。モルヒネを、強オピオイドとして、最終段階(第三段階)にもってくるのが妥当です。最も副作用がきついと言えます。ですから、それに相当する量のオピオイドでの対応が望ましいかと思います。痛みのコントロールは、我慢せず、どんどんレスキューを使われていいかとい思います。レスキューの一回量は、一日量の、6分の1を基準に考えて下さい。反復間隔としては、内服座薬は一時間をめどにします。副作用においても、鎮痛補助薬を用いていいのです。それぞれの痛み方に対して、電撃性が強い時は、テグレト-ル、針で刺されるようなときには、リポトリール、判別困難には、リリカ、締め付け感、トリプタノ―ル、発作性癌性腹膜炎には、メキシチ―ルといった感じです。話が変わりますが、薬以外の方法ももちろん考慮して下さい。癌は切りましたか。外科的にはどんな感じなのでしょう。

テネリア:国内5番目の“純国産”DPP-4阻害薬 – nikkei BPnet


nikkei BPnet
テネリア:国内5番目の“純国産”DPP-4阻害薬
nikkei BPnet
主な副作用は、低血糖症(3.0%)、便秘(0.9%)等であり、重大な副作用は、腸閉塞や低血糖症状(他の糖尿病薬との併用時)が認められている。特に、他のDPP-4阻害薬ではSU薬との併用で重篤な低血糖症状があらわれ、意識消失を来す症例も報告されているので、十分に

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る