前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

週刊ポスト 膵臓の最新情報

2012.08.21

スポンサードリンク

週刊ポスト 膵臓について調べてみました。

Q:中国が、日本の土地を買いまくりなんですが、なぜか民主党は知らないそぶり。非常に危機感を感じるのですが、どう思われますか。???↓ ↓ ↓ ↓ ↓中国 陸自駐屯地近く等日本の土地買い漁り。仙台中華街構想も。中国が新潟で領事館建設用地として5000坪の土地を購入していたという本紙の記事は大反響を呼んだ。だが、丹羽宇一郎・在中国大使が、東京都による尖閣諸島購入について、「日中間に重大な危機をもたらす」と発言するなど民主党政権には、領土が国の根幹をなすものとの意識は全く感じられない。そして、そこに付け込むように、中国は日本の領土に侵食してきているのだ。そこで明らかになった中国による日本の土地の買収事例を紹介する。【1】陸上自衛隊滝川駐屯地(北海道砂川市)駐屯地が一望できる山林を中国系企業が買収【2】陸上自衛隊倶知安駐屯地(北海道倶知安町)隣接地100ヘクタールあまりを中国系企業が買収【3】航空自衛隊三沢基地(青森県三沢)隣接地が外資に買収されたとの情報が流れた【4】中華街構想(宮城県仙台市)中国の投資グループが大規模複合商業施設の建設を計画【5】中国大使館増設(東京都港区)中国大使館が5677平方メートルの国有地を落札し政府に批判が【6】中国総領事館(新潟県新潟市)移転用地として約5000坪もの広大な土地取得が問題に【7】浅間山荘(長野県軽井沢町)中国系企業の日本法人に買い取られた【8】中国総領事館(愛知県名古屋市)約3000坪の国有地購入計画が問題に【9】国家石油備蓄基地(長崎県五島列島内・中通島)中国資本が島の総合開発計画を提案した【10】包丁島(長崎県五島列島内)島全体が売りに出され、中国に買われてしまうのではと騒ぎに【11】航空自衛隊福江島分屯基地(長崎県五島列島内・姫島)隣接地の土地所有者が中国企業と売買交渉していたことが判明【12】奄美大島、加計呂麻島(鹿児島県奄美諸島内)中国資本が山林伐採事業等を計画し住民が猛反発【13】航空自衛隊沖永良部島分屯基地(鹿児島県沖永良部島)隣接する山林を中国人投資家が現金で買おうとした【14】海上保安庁石垣海上保安部(沖縄県石垣島)巡視船の動きを監視できるマンションを中国人が購入【15】旧日本軍高射砲陣地(沖縄県西表島の外離島)謎の中国人一行が離島を購入しようとして断わられる※週刊ポスト2012年6月29日号「NEWS ポストセブン」 6月19日(火)7時5分配信
A:日本だってバブルの時に高値でアメリカの土地掴まされたでしょう?あれと同じだからさ、そのうちヒドイ目にあうからいいんじゃないの。日本は私有財産を認めているんだからしかたないでしょう?だったらスパイ防止法やらの類い、軍機保護法を作るのが先決じゃないの?

「風邪だと思ったら実は大病」の微妙な兆候 – 日刊SPA!

「風邪だと思ったら実は大病」の微妙な兆候
日刊SPA!
佐藤さんは初期症状が出た1週間後に神経内科を訪れるも、診断結果は原因不明とされ、その間、のどの筋肉がさらに衰え顔面麻痺にまで至った。 「発見が遅かったせいか、治療の効果がなかなか出なかった。『あと一歩遅かったら車椅子か人工呼吸器が必要になっていた』と言

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る