前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

丸山ワクチンで生き延びる方法

2012.08.28

スポンサードリンク

こんにちは、今日は丸山ワクチンについてです。

Q:癌で治療中の家族がいます。、丸山ワクチンも受けさせたいと思うのです。それには診断書が必要ということです。大学病院の医者にそのことを報告せずにその治療にあった診断書をもらうことができるでしょうか?
A:診断書は要りませんよ。必要なのは下記の書類です。 ①注射をしてくれる医師の治験承諾書(丸山ワクチンによる治験を引き受けるという担当医師の承諾書) ②SSM治験登録書(現在までの治療経過をまとめた書類)①に関しては先生に書いて判子をもらわなければなりません。②は自分で書いても構いません。うちは、大学病院で手術を受けましたが、そこの先生は丸山ワクチン否定派で非協力的であったため、近所の病院に相談してうってもらっています。当然、注射をしてくれる先生は詳しいことを知らないので、私が②の書類をわかる範囲で書いて提出しました。丸山ワクチンのホームページに詳しく載っていますので、見てみてください。

アンゴラで一年間ポリオゼロ 撲滅へ大きく前進 – チャリティニュース

アンゴラで一年間ポリオゼロ 撲滅へ大きく前進
チャリティニュース
なでしこジャパン丸山桂里奈から北斗晶に銀メダルのエール り患すると一生まひ症状が残ることが多い。1950年代にワクチンが開発されたものの、1988年の時点では、125か国以上で、毎年35万人以上がポリオにり患していた。 しかし、各国政府や世界保健機関(WHO)、

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る