前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

増富温泉 前立腺のテクニック

2012.08.31

スポンサードリンク

増富温泉 前立腺がちょっと気になっています。

Q:皆さん、レベル7、放射線犠牲者率を知っていますか、20ミリシーベルトを佐古多東京大学大学院教授は人道的に許されない放射線、チュエルブイリでも強制移住です。涙をメルトダウンした、福島第一原発から放射能ヒットを狙って意味不明ですが、国会で先ほど聞くと最新の研究成果を勘案で原子力安全委員会の専門家の意見をきいて、どうのこうのつまり責任の所在無し、そして犠牲者率も発表も何もなくお茶を濁す。それで俺の知るところで教えましょう、20ミリシーベルトはとんでもない値です、殆ど幼児は甲状腺線癌になります、7割が転移で死亡します、そればかりではないです、頭が痛いだの、貧血だの、毛が抜けたり、造血不良、吐き気、各種癌で全滅します。幼児は大人の10倍の放射線感受性があるのです、つまり200ミリシーベルトです、そして内部被曝は3倍の被曝量になるのです、600ミリです、死ぬでしょう。良いですか、原子炉の従事者が50ミリシーベルトが限度です、しかし20を限度に内部規約が普通です。しかし彼等は内部被曝ではないのです、外部です、勤務終われば放射線は身体にはないのです、それを、内部被曝しかも幼児、此れは本当に人道的に許されません。さて1ミリシーベルトで10000人に1人死にます。10ミリシーベルトで1000人に1人死にます、100ミリシーベルトで100人に1人死にます1000ミリシーベルトで10人に1人死にます4000ミリシーベルトで半分死にます。7000ミリシーベルトで全員死にます。短い時間だと早く死にます、1年かけては長い時間苦しんで死にます。また、死がなくても酷い放射線障害が多くの人間に残りますよ。尚、アメリカだのソ連だの中国では完全なデーターを持っているでしょう。しかし、放射能は汚い兵器に使われますから軍事機密になります。しかも最新研究はあり得ません、嘘も休み休み言え何十年も研究しなければ分からないのだよ。また、原発推進者が、頑張ってラムサールだの玉川温泉だの言って下さい、何の治療成果もありませんよ、癌が治らないのが分かれば廃れるでしょう。サルノコシカケ1つ100万円の時代もありました。アガリスクも五年で廃れる、何故か癌が治らないからです。増富温泉の廻りに沢山の親戚がありますが湯治には行きません、遠くの西山温泉です、当たります具合悪くなるのです、治りません、それは事実です。放射能(放射線)は体に良くはないのです。
A:わかってましたよ政府は”体外”被爆値のみで議論しているようで、ずるずるスペックを引き上げてきたのは。 子供が農家が土ぼこりもかぶるところにいれば、土壌に舞い降りた放射性物資が舞い上がり放射性物質その物を呼吸するたびに吸い込んでしまいますから”体内”被爆となって、ドエラク違う世界に入り込んでしまうのは。これは放射線”体外”被爆医学の分野ではもはや役に立たず、放射性物質”体内”被爆医学の分野でしか語れないでしょう。でも、この研究をしている医学系の研究者は日本に何人いるんでしょうね。10人もいないのではないですか、臨床試験をいくらかでも動物を使ってできる環境を与えられているのはほんの数名でしょうから、こっちの意見こそが国民にとって最重要情報でしょうね。でも出て来る出て来る情報は医学系見地でも”体外”被爆がほとんどで、さらに悪いことは原子力理学や工学関係者が多くて、医学には専門家ではないから聞き齧った情報を都合よく流してくることですね。メディアは文系出身者がほとんどで”体外”と”体内”の区別は出来ず、あるいは国家に何やかんやと言いながらも媚びたり、スポンサーに媚びたり、でトンチンカン情報を意図的か本当に分からないで、とりあえず自分にとって都合が言い側の情報を言われるままに出しているようですね。ラジウム温泉も、顔を洗ったりすれば間違って幾分でも飲んでしまうこともあり、体内被爆になりがちですよね。あらゆる核保先進国有国は、とくにアメリカやフランスは、被爆国日本以上に”体内”被爆の臨床データーを持っているでしょうね。このデーターは衝撃過ぎれば安易に出せないし、戦術にもなりますから、なかなか見せてくれないでしょうね。とにかく自分で勉強してでも、危険度を念でも捻出しないと、国家にやられるって感じはあります。とにかく止められない呼吸が一番危なく、たまにしか食わないホウレンソウのおひたしなんかはかわいいものでしょう。やはりガイガーカウンターは持つべきで、針なりディスプレーが触れれば身近に放射性物質が舞っている証拠で、値によっては逃げることですね。しかし、本当の事を言うと40万~50万もいる福島市やいずれは郡山市までいじらねばなたず、国家はもう対応はできないはずですから、嘘言わざる得ないとも思ってますが。

雲海一望、冷涼な19度の「恩泉」へ – 読売新聞


読売新聞
雲海一望、冷涼な19度の「恩泉」へ
読売新聞
標高1000メートル以上の森林地帯を走る山岳ルートだ。道を覆うほど木々が茂るところも多く、ぜひ窓を開けて走りたい。 県道610号と交差したら右折。みずがき湖を半周してトンネルを抜けると、増富ラジウム温泉に着く。武田信玄の隠し湯と伝えられる温泉で、宿5軒と土産店

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る