前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

プロスタグランジン 免疫の問題点

2012.09.06

スポンサードリンク

プロスタグランジン 免疫のことがなんとなく気になりませんか?

Q:【「熱中症」が「被曝疾患」の隠れ蓑に?~爆増する「熱中症」の陰に】〔熱中症搬送数が急増2012年7月18日 〕http://tenki.jp/forecaster/diary/detail-4902.html「消防庁から発表されている熱中症救急搬送数によりますと先週(7月9日から7月15日)に2483人と急増し6月1日から7月15日までの延べ搬送数は5000人を越えました。」死亡事例も多発しています。PS【自転車の女性が急に倒れ死亡~大阪】http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120803/dst12080312310004-n1.htm【高校1年の野球部員が約10キロのランニング中に死亡~新潟】**漢方医のまつふじさんによるとhttp://de.twitter.com/Yoimajyo/status/224989751529320450「被曝で血熱が生じると熱中症になりやすくなります。」とのこと。具体的には、http://www4.ocn.ne.jp/~shigeno/hatunetu.files/m-fev.htm〔外因性発熱物質の関与〕「細菌・ウイルスなどの病原微生物、腫瘍、抗原抗体反応←★★★などを外因性発熱物質といいます。外因性発熱物質は白血球に食べられると、白血球は活性化されて内因性発熱物質を産生します。内因性発熱物質は視床下部の体温調節中枢に作用して体温を上昇させます。これは内因性発熱物質がプロスタグランジンE(PGE)の合成を促進することでなされます。」つまり、免疫システムが正常に作動可能な「被曝初期(1年~2年)」においては、(内部被曝に対する)「抗原抗体反応」は、最大限機能しますので、当然、『血熱』が上昇します。(発熱は生体防御機構の一つで、白血球の働きを高めます。)⇒『血熱』が上昇するに伴い、それが「体温上昇」に反映されるとは限りません。これに加えhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%80%E6%B6%B2〔温度平衡〕「血液は、全身を循環するので、身体各部分の熱を交換する。これにより、全身の体温をある程度一定に保つ事に寄与している。しかし、ヒトの場合、体温が摂氏 34 度以下、あるいは摂氏 43 度以上になると、脳細胞が働かなくなり意識が消失してしまう。」⇒つまり、血液本来の熱交換機能が働かず『血熱』そのものが高温化した状態したままですと、外部からの日射継続により、必然的に「体温」も下がらないのでは?つまり、漢方医のまつふじさんの言われる通り、「被曝で血熱が生じると熱中症になりやすくなります。」という結論になりやすいのでは?その意味で、爆増する「熱中症」の陰に、「熱中症」が「被曝疾患」の隠れ蓑になっているのでは?もっとも、何れ免疫機能でさえ無機能に。
A:関連があると思います。今後の年度別統計が右肩上がりだと被曝の根拠の一つになると思います。http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/fieldList9_2_1.html

科学技術振興機構(JST) – 科学技術振興機構

科学技術振興機構(JST)
科学技術振興機構
シクロオキシゲナーゼ-2の働きで産生されたプロスタグランジンE2は、脊髄ニューロンにおいて抑制機能を担うグリシン受容体注12)の機能を抑制し、脱抑制注13)を引き起こすことで疼痛を発症する。 カテプシンBは脊髄に分布するミクログリアの産生する疼痛起因
九大など、脊髄ミクログリアが産生分泌する炎症性疼痛起因物質の産生機構を解明日本経済新聞 (プレスリリース)

all 4 news articles »

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る