前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

特許 抗がんの比較・口コミ

2012.09.28

スポンサードリンク

こんにちは、今日は特許 抗がんについてです。

Q:弁理士資格について。弁理士資格について質問です。現在、理系の修士1年生(25)で、就職活動をしています。バイオ系を専攻していて、抗がん剤の研究などを行っています。就職活動を通じて、最近知的財産に非常に興味を持ちました。弁理士になりたいと思い今後の進路を考えているのですが、時期が微妙なこともあって、どのケースが最良であるかが判断できません。1.メーカーの研究開発部に就職→働きながら弁理士資格取得→知財部に異動2.メーカーの知財部に就職→働きながら弁理士資格取得3.特許事務所事務所に就職→働きながら資格取得4.2010年の資格取得を目指す(就職浪人)→メーカーの知財部や特許事務所に就職5.その他のパターンを考えてみました。1,2おそらく理想としては、メーカーで研究開発の経験を積んで、その上で知財部や事務所で弁理士として働くのがいいと思うのですが、時期的にメーカーへの就職は難しいのではないかと感じています。(私の専攻がバイオ系でそれを活かせる製薬・食品・化粧品などは既に募集が終わっているものが多いため)3特許事務所への就職を主に考えているのですが、いくつか疑問点があります。a:弁理士資格がなくても就職可能か?b:メーカーでの研究開発の経験がなくても就職可能か、また弁理士になった後にそれで不利にならないか?c:2010年の四月に事務所に就職する場合、その年の弁理士試験合格は難しいか?(環境や仕事に慣れるのに時間が要るため)その場合事務所に入る時期をその年の試験終了までずらしてもらうことは可能か(合否を問わず)?4短期集中して1年合格を目指し、資格を取った後で就職を考えるというのはどうなのでしょうか。d:やはり、「新卒」を大事にしてあくまで就職にこだわったほうがいいのでしょうか?e:浪人して特許は取ったが、何の実務経験も有さない場合、メーカーの知財部や特許事務所には就職できるか?(第二新卒として)長文になってしまったのですが、a~eの5つの疑問点についてアドバイスをいただきたいです。よろしくお願いいたします。
A:メーカの弁理士です。メーカに出来るだけ勤めることをお薦めします。万策尽きた場合に、3,4を採るべきだと思います。3について、弁理士資格が取れなかった場合のリカバリーを考えておく必要があると思います。特許事務所の場合は、弁理士資格が取れなかった場合、年収が大幅に制限される可能性があります。自分が作成した明細書について、直接面接等において審査官と意思疎通できず、法的にはいつまでも半人前扱いにされます。特許事務所はある意味特殊な業界です。新卒で入ると対人関係やビジネスマナーも時間をかけて指導されることはないでしょう。さらに、明細書を書く前に、企業活動や、製品というものを勉強しておくことは有意義と思います。メーカにいて、製品の知識があり、特許権の活用の現場を知った上で、明細書を書くのと、書かないのとでは全く完成度が違ってきます。4について、浪人はリスクがさらに大きすぎます。資格取得できなかった場合、25-30のキャリア形成の大事な時期を棒に振ることになります。一昔前とは異なり、弁理士資格はそこまでして取得する価値があるものではなくなっています。それでは、御健闘をお祈り申し上げます。

〔株式マーケットアイ〕新興株式市場は小幅反発、テラ<2191.OS>は年初来高値 – ロイター

〔株式マーケットアイ〕新興株式市場は小幅反発、テラ<2191.OS>は年初来高値
ロイター
ニュース, レポート)は年初来高値. 新興株式市場は、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに小幅反発。ジャスダックの売買代金は160億円。次世代がん抗原ペプチドに関する特許が米国で成立したテラ(2191.OS: 株価, ニュース, レポート)が続伸し年初来高値を更新。

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る