前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

放射線 視神経の特徴を3つほどあげてみる

2012.09.30

スポンサードリンク

放射線 視神経のことがなんとなく気になりませんか?

Q:[緊急] 骨髄移植後の経過、不調について大変、困っています。2005年11月、EBウイルスが原因で悪性リンパ種と診断、骨髄移植をしました。甥になりますが年齢34歳独身、現在入院中です。移植後の不調で困っています。 ドナーは実弟、移植後の1年後に視神経に障害が発生、右目失明、左目0.03の弱視となりました。歩行障害、手足のしびれを感じるようになりました。MRI検査にて脳内、及び脊髄の首の部分に不明のものが発見され治療開始。最初にパルス療法、変化なし。再度、抗がん剤の投与、移植時の3倍の放射線の照射それも変化なく、再度のパルス療法でも脳内、及び脊髄の首の部分に不明のものが取れませんでした。セカンドオピニオンにてEBウイルスの権威の先生(大阪、東京)に療法、意見等相談。最後の手段として生死をかけて「リンパ球増殖療法」を行いました。結果、極端に悪くなり現在、手足も自由に動かず、目も左目もほとんど見えない状態となっています。多発性硬化症の末期の状態です。血液検査を詳細に検査、体内の血液はドナーの血液に変化しています。PETの検査にても癌ではないとのことです。当然、血液にも出ていません。Drは血液内科、付随して神経内科の先生です。退院をせまられ、最後の検査MRIにて腰部分を検査した際に右足付け根に「静脈血栓」が発見されました。本人の頭脳の思考力等は普通と感じられます。先生の説明では人間の身体は首から上と下は別のものと思って下さいと説明を受けましたが理解できませんでした。上記「静脈血栓」に関して金属のパイプを入れるのが良いがMRI検査に支障が出るとのことで現在、投薬にて対処しています。動けないので運動不足かと思いますが血管も細くなり、気道も細くなっています。先生の退院進言の前にMRI検査にてかろうじて入院しています。治療法がないので退院をせまるのは少し考えさせられましたが・・・?MRIの写真を見ますと脳内、首に白い影がはっきりと見えます。公立病院ですが治療にも限界か?それとも、脳外科、脳神経外科の先生の担当かと苦慮しています。かなりの専門的な質問になりますが、ご助言をお願い致します。医療に関して素人ですので説明不足、多々ありますが困っています。限界まで困っています。緊急ですので再質問ですがよろしくお願いします。
A:お困りのご様子ですね、お力になれると良いのですが。。MRI写真で写っている白い影、すなわち「脳内及び脊髄の首の部分に不明のもの」は、結局、視神経脊髄型多発性硬化症だったと考えて良いのでしょうか?「同じ現象」であるだけで、確定診断が付いていないとなると、話はややこしくなります。進行性の視神経脊髄型多発性硬化症は失明の可能性が高いのですが、別の病気では当然良くなる余地があるからです。視神経脊髄型の多発性硬化症は、特効薬のインターフェロンベータの注射後急激に悪化した例が報告されたので主治医は慎重になっていると思いますが、この治療法は検討されたのでしょうか?ステロイド・パルス療法を行われたとの事ですが、免疫抑制剤療法は検討されたのでしょうか?また、骨髄移植後1年以上たってから発症されているのなら、血漿交換は済ませている事にならないように思いますが・・・他に、微小脳梗塞の影があるかどうかも問題です。深在静脈血栓症から飛ぶ血栓は、通常肺の動脈に詰まりますがこれは全くないのでしょうか?心房に血栓の通過する穴(卵円孔)が開いている場合は脳梗塞の原因になり得ます。(これを奇異性脳塞栓症と言います。)肺塞栓症・脳塞栓症予防にワーファリンを開始するとなると、1週間以上は入院日数を稼げると思います。下大静脈フィルターに関しては、明らかな塞栓症の証拠がない場合は入れない方が良いと思います。後々合併症を起こすことがありますので。

放射線対策で畜産農家に助成 いわい東農協独自に – 岩手日報

放射線対策で畜産農家に助成 いわい東農協独自に
岩手日報
いわい東農協(本店一関市千厩町、鈴木昭男組合長)は28日、理事会を開き、放射線被害対策として畜産農家への独自助成を決めた。和牛や乳用牛の導入費を助成し、頭数の維持、増頭を図る。同様の助成は県内農協で初という。 期間は3月からさかのぼって適用し、来年2月

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る