前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

上顎洞癌 余命のマニュアル

2012.10.13

スポンサードリンク

こんにちは、今日は上顎洞癌 余命についてです。

Q:癌について教えてください。20代・非喫煙者・アルコールは1日にビール500ml程度を飲むくらいの男性が口腔癌に罹る確率はどのくらいでしょうか?家族が口腔癌を気にしています。症状は、2~3日前から歯茎(上の歯…中央から数えて3か4本めの歯が生えている根元付近)に水ぶくれのような物が出来、歯磨きをすると出血。気にして舌で触るせいか、歯磨きしなくても口内に血の味がする。痛みはなし。だそうです。上顎洞癌、歯肉癌など、検索すると怖い画像が出てきて不安になったとの事…(・_・;)口腔癌に20代が罹る確率はどの程度でしょうか?
A:口腔がんはいわゆるがん年齢(50代以降)で好発すると言われています。質問者さんについてですが、多分、歯の神経が死んでしまって根っこの先に病気ができたものだと思います。歯科を受診し治療してはいかがですか。口腔がんについても教えていただけると思いますし…お大事にね。
がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る