前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん 転移の徹底研究

2011.11.24

スポンサードリンク

前立腺がん 転移について調べてみました。

Q:89歳になる父が前立腺がん、転移している場合の本人への告知・・・先日前立腺がんの他への転移がないかの検査をしました。来月検査結果を父と聞きに行きますが。万が一他への転移があった場合、、気の弱い父に知らせたら、多分がっくり来ると思います。事前に主治医の先生に、父本人には、言わないで欲しいと、言いたいのですが、そんなことは可能でしょうか?もし事前に先生にそのことをお願いする、場合どんな方法で、先生にお伝えしたら良いでしょうか?ご存知の方教えてください。
A:お父様ご本人はどうお考えでしょうか。「悪いニュースであったら伝えないでほしい」と思っていらっしゃいますか?それとも「悪いニュースであっても伝えてほしい」と思っていらっしゃいますか?89歳とご高齢ですが、特に認知症もなくしっかりしているのであれば、「ご本人が伝えてほしいと思っていらっしゃるかどうか」が何より大事なことです。本人が伝えてほしいと思っているのにご家族が口止めするのは非常に好ましくないことです。ご本人の病状に関して虚偽のことを伝える権利は医者にも、そして家族にもありません。まず、お父様ご本人とよくお話をして、「検査結果にかかわらず話を聞きたい」と思っていらっしゃるのか、それとも「ややこしいことは子供に任せる」と思っていらっしゃるのか、そこから確認しましょう。過去にも同様の質問はありました。http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1420516339

がん細胞:近赤外光で破壊 マウスで成功、副作用なし--米チーム – 毎日新聞

がん細胞:近赤外光で破壊 マウスで成功、副作用なし--米チーム
毎日新聞
チームの小林久隆主任研究員は「抗体は、肺、乳、前立腺、大腸、卵巣、白血病、悪性リンパ腫などさまざまながんに使えるものが承認されており、数年以内に臨床応用を実現させたい。がん細胞が血中を移動する転移がんでも、それに結びつく抗体が見つかれば応用できる」と
がん細胞、光で「爆破」=マウスで治療成功―臨床応用期待・米国立がん朝日新聞

all 42 news articles »

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る