前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

肉好きに注意!大腸がんのリスク

肉好きに注意!大腸がんのリスク
スポンサードリンク

肉を多く食べる日本人は大腸がんになるリスクが高いことが、約8万人を対象にした約10年に
およぶ国立がん研究センターの追跡調査でわかった。

同センターが28日、発表した。牛や豚などの赤肉を食べると大腸がんのリスクが上がることは、
世界がん研究基金と米がん研究協会が報告していたが、
今回の大規模調査で日本についても裏付けられた。

岩手や長野、茨城、沖縄など9県在住の45~74歳の男女約8万人を対象に、
1995年から2006年まで追跡調査した。このうち大腸がんになった1145人(結腸がん788人、直腸がん357人)について
肉類の摂取量との関連を調べたところ、摂取量と結腸がんに関係がみられた。

男性は、肉類全体の摂取量が最も多いグループ(1日当たり約100グラム以上)のリスクが、
最も少ないグループ(同約35グラム未満)の1・44倍だった。

女性でも、赤肉(牛と豚肉)の摂取量最大のグループ(同約80グラム以上)が、
最少グループ(同約25グラム未満)の1・48倍に上った。
~読売新聞より~

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る